家族と使える超軽量焚き火台を知っていますか?

【ワンタッチ式で面倒な組み立て不要!】収束式なアウトドアコンパクトチェアをレビュー

ども、のざるです。

少しでも荷物をコンパクトにまとめたい。

荷物削減のため、組み立て式のチェアに買い替えたことがあります。

とっても軽量コンパクトになりました。

が、ぶっちゃけて組み立てがめんどうくさい…あまり使わなくなっちゃって…

いまでは、折り畳みのチェアを持ち運んでいます。

開くだけだからめっちゃラク!

でも、やっぱりかさばる...

のざ長女
のざ長女

ワガママやねえ。

今回はそんな悩みを解決できるかもしれない、コンパクトながらもゆとりある収束式アウトドアチェアを使ってきました。

商品提供頂きレビューしております。

設営が劇的にラクになる収束式コンパクトアウトドアチェア

わがままな悩みをちょっと解消してくれそうなのがコチラ↓↓

WEJOY 折りたたみ式コンパクトチェア

見た目はよくあるアウトドアチェアですね。

しかしコレ、コンパクトながらも組み立て不要な収束式のチェアなんです。

収束式チェアとは、脚部を1か所に収束させ、細長くコンパクトに収納でき、開くだけで設営可能なチェアのこと。ホムセンなどでよく打ってるタイプのものですね。

ホームセンターなどで売っている安いチェアはたくさんありますが、だいたいどれも大きい。

でもこのチェア、収束式なのにとってもコンパクトに持ち運べるという点が良い!

しかも片手で持てるサイズ感というのがいいですね。

固定ベルトが紛失しない

本体が開かないように、まとめるベルトは本体にくっついているので、なくす心配なし。

こういうバンドって、大概紛失するんですよね。

だからこそ、こんな仕様はありがたい。

開いて伸ばすカンタン設営

ベルトを外すと、バサッと本体が開きます。

結構な勢いで開くんで、ちょっとびっくりしました。

開くと、脚部がカチャッと固定される感じ。

あとは、上部4か所のフレームを伸ばすだけ。

これも折りたたみ傘を伸ばすようなイメージでやっていきます。

たったこれだけで完成するシンプルな構造。

座面前方は1段階、後方部分は2段階伸びます。

ですので、前方から伸ばすとやりやすい。

慣れれば1分かからずセッティング完了!

設営時間が大幅に短縮できますよ。

太めのフレームで安定感アリ

カンタン設営はいいけど強度が心配。

実際使ってみると、軽量コンパクトチェアに比べ、フレームがかなり太くしっかりしてます。

なので強度は問題なし。

地面への設置面も大きいので、座った時も安定感があります。

しっかり座れる広めな座面

身長177センチの自分が座るとこんな感じ。

座面が広くてゆったりしているので、窮屈な感じはなし!

フレームが太いこともあり、ぐらつくようなこともなし!

なかなかに良い座り心地で満足です。

これちょうどいい〜

と、身長130センチの次女が満足気。

座ると、すっぽりとおさまる感じ。

ただ、足がギリ着くくらいなので、もっと小さい子には少し座面が高すぎるかもしれませんね。

実際座ってデメリットに感じた点は…?

コンパクトな分、背もたれがあまり大きくないということ。

ハイバックタイプではないので、大人だと、頭までもたれかかるのは無理ですね。

ゆったり寝転がりたい〜という期待には応えられないですね。

収納ケースやショルダーベルトも付属していて持ち運びやすいサイズ感ですが、やはり重い!

まぁ重いと言っても2キロ弱なので大したことはないです。

ですが、組み立て式の軽量コンパクトチェアと比べると重く感じますね。

我が家は車移動なので問題ないですが、バイクなどには不向きかと。

収束式コンパクトチェアで時短設営を!

収束式アウトドアチェアなら、時短設営が実現!

尚且つ、コンパクトで持ち運びしやすいのも魅力的。

ちょっとでも良いなぁと感じたら、商品ページをチェックしてみてはいかがでしょうか?

チェア選びの参考にしてほしい、のざるでした。

収束式アウトドアチェアの詳細はこちら

おすすめ関連記事

ヘリノックスの半額!!『FIELDOORアウトドアチェア』を徹底レビュー

キャンプの記事はコチラからどうぞ キャンプの記事へ 気になるキャンプギアを見つけてみませんか?