家族と使える超軽量焚き火台を知っていますか?

【カマボコテントソロUL】カマボコテントがソロ&ウルトラライト仕様になって登場~DOD 2019 NEW PRODUCTS

テント類
当サイトではアフィリエイト広告またはプロモーションを扱っています

こんにちは!!のざる【】です。

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

つい先日、TC(ポリコットン)素材を採用した【KAMABOKO TENT SOLO TC(カマボコテントソロTC)】を突如として発売したばかりのDOD。

個人的に「ひょっとしたらでるかな??」なんて思っていたアイテムが、続けざまに登場したんです。

その名も【KAMABOKO TENT SOLO UL(カマボコテントソロUL)】

View this post on Instagram

DODさん(@doppelganger_outdoor)がシェアした投稿

今回も唐突な発売。

しかもソロサイズで軽量化されているカマボコテント。

早速調べてみました。

スポンサーリンク

カマボコテントソロUL(KAMABOKO TENT SOLO UL)

出典:DOD

2019年2月12日にはポリコットン素材を採用したソロ用サイズのカマボコテントが発売したばかり。

わずか1ヶ月もしない2019年3月7日、今度は軽量モデルのカマボコテントが突如登場。

その名も【KAMABOKO TENT SOLO UL(カマボコテントソロUL)】

今回も唐突な発表&発売!!

2019年に入ってからは事前告知もなく、突如として発売される傾向があるDODの新製品。突如発売されたTC素材のカマボコテントソロTCを購入された方も多くいるようですが、中には「購入を早まったかも!!」なんて思う方もいるかもしれないですね。

唐突な販売・・・根強い人気の「カマボコテント2」の再販や、2019年春にタンカラーの発売も予定されている「カマボコテントミニ」の販売も突如として行われるのかも。

今回登場したカマボコテントソロULは、ソロでもゆったり使えるような設計に加え、バイクツーリングなどでの持ち運びに便利な超ウルトラライト仕様になっています。

仕様

出典:DOD

ブラック
定員 1~2
耐水圧 アウター:2000mm
フロア:5000mm
重さ(㎏)(約) 5.4
組立サイズ(約) W450×D170×H120cm
インナーサイズ(約) W200×D150×H110cm
収納サイズ(約) W47×D20×H20cm
アウターテント材質 40Dナイロン(シリコン&PUコーティング)
フレーム アルミ合金
インナーテント 40Dナイロン
インナーテントフロア 70Dナイロン
付属品 ペグ、キャリーバッグ
スポンサーリンク

特徴

出典:DOD

この【KAMABOKO TENT SOLO UL(カマボコテントソロUL)】には、

  • ウルトラライトなナイロン素材
  • 1~2人が過ごせる広さ
  • オールシーズンに対応できる仕様

といった様々な特徴があります。

ウルトラライトなナイロン素材&コンパクト

出典:DOD

1番の特徴は、なんといってもナイロン素材を採用し、ウルトラライト(軽量)仕様になっている点。

ただし、リップストップではないようです。

また、ツーリングやフェスなどの持ち運びに便利なコンパクトなサイズに収納可能。

ナイロン素材は、軽量で弱撥水性があり、汚れ・キズに強い特徴を備えています。一般的なテントに使われるポリエステルよりも軽量な為、ウルトラライト仕様にする為にもナイロンが採用されているようです。

設営シンプルで1~2人が過ごせる広さ

出典:DOD

カマボコテントの特徴である、トンネル型2ルームテント機能・ポールを差し込むだけで立ち上がる設営方法はそのままに、ソロやデュオキャンプにちょうどよいサイズ感。

タープを合わせて使えば、日陰面積を増やす事もできるソロカマスタイルが楽しめます。

設営方法は動画で公開されています。

同形状の別型番製品を使用。

オールシーズン仕様

出典:DOD

冬場はテント生地の下から風が入り込むのを防ぐスカート付きのため、暖かく過ごすことができます。

夏場ならインナーテントを使わずシェルターとして利用し、コットで寝てもいいですね。

また、リビング全面をメッシュにすることが可能な作りになっています。

出典:DOD

リビング部分の片側は三角窓であり、ドアパネルとして開くわけではないようです。三角窓にすることにより、軽量化をはかっています。ドアパネルとして開かないのは、ちょっと残念です。

出典:DOD

寝室側の後方の窓は全開放することも可能。さらに、サイドの生地を立ててロープを張れば、ひさしのように雨の侵入を防ぎつつ通気性を確保することもできるようになっています。

インナーテントもメッシュパネルにすることができるので通気性を確保することができます。

価格・発売日

税込 41760円

2019年3月7日発売

2019年3月7日時点でのナチュラムでの販売価格。