ワークマン公式オンラインストアはこちら『BE-PALアウトドアキットBOX はじめての焚き火入門』重版決定

DODの『チンアナゴペグ』は簡単設営!ポールがあれば1脚のランタンスタンドになる

ランタン類
のざる
のざる

ランタンの置き場って地味に困るよね。

のざ妻
のざ妻
吊るすのが1番いいんだけど。

こんにちは!!のざる(@camp_bata)です。

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

キャンプにはランタンは必須。
でも、困るのがランタンの置き場所。
いつもテーブルに置いたり、地面に直置きしたり。けれども、それだと手元が見えなかったりするのでタープポールに引っ掛けてなんとかなってるんですが、明るくしたいところにうまく当たらない。
もちろん、3脚タイプのランタンポールを用意すればいいんでしょうけど、あまり荷物は増やしたくない。
でもでも、サイトを明るくし且つスッキリ設置できないものか。

何かイイモノありませんかね??と探していると、こんなものが。

View this post on Instagram

✴︎ 2018.4.21 ✴︎ 明日のピクニックで試すグッズのひとつ #チンアナゴペグ 。 ドッペルの新アイテム。 ✴︎ 「こんなのあったらいいのにな。こんな値段で。」っていうところをいつも上手いことついてくるアウトドア界のニトリ的存在DOD。 ✴︎ タープポールの補助にしたり、焚き火ツールを組み合わせて作ったり、ほんと色々使えそう❣️そしてこの袋!ソリステの長いやつも入りそうで助かる〜〜♬ ✴︎ #キャンプ #camping #キャンプギア #キャンプ道具 #ドッペルギャンガーアウトドア #dod10周年 #ペグ #便利グッズ #便利アイテム #明日公園で試そ😊

A post shared by ㋡㋗㋯ 🏕 T͜͡s͜͡u͜͡k͜͡u͜͡m͜͡i͜͡ (@tsukumi_o) on

DODから展開されているその名も『チンアナゴペグ』

手持ちのポールを設置するだけで1脚のランタンスタンドになる便利アイテムなんですね。
気になったので仕様や価格などを調べてみました。

スポンサーリンク

1脚ランタンスタンドといえばsnow peakの『パイルドライバー』

出典:Amazon

1脚のランタンスタンドといえば、この『パイルドライバー』が有名ですね。

地面への打ち込みにハンマーを一切利用せず、硬い地面に対しても簡単に打ち込みができるという優秀なランタンスタンド。

地中に20~30mmほど打ち込んでから高さを調節し、ランタンをセットする優れものです。

非常に優秀なのですが、やっぱりお値段が気になって購入に踏み切れない方もいるのではないでしょうか。

のざ長女
のざ長女
でもでも、DODさんからお手軽なアイテムがでたんですって!!

『チンアナゴ』って水族館の人気者??そいつがランタンスタンドに??


『チンアナゴ』といえば砂からひょっこり顔をだす、可愛らしい水族館の人気者。
我が家も何度か見たことがあります。
地面から少しだけ顔を出して周囲を見渡すかわいいやつ。
そんなあの子が、キャンプ場でひょっこり顔をだしてくれるらしいんです。

地面からひょっこり顔をだす『チンアナゴペグ』の概要

出典:DOD

この『チンアナゴペグ』はペグのように地面に挿し、ポールを設置すれば一脚のランタンスタンドとして利用できるというアウトドア便利アイテム。

さすがですね、DODさん。

この地面からひょっこり顔だしているので、そんなチンアナゴのイメージから名づけられたのでしょうか。

スタンド本体となるペグとランタンフックのセットになっています。

『チンアナゴペグ』はペグのように地面に突き立てる


出典:DOD

スタンド本体は見た目はペグですが、円形の筒がくっついています。
ペグのように地面に打ち込み、ポールを差し込みます。そしてランタンフックを取り付ければ完成です。
一脚のような省スペースで利用できますので、足を引っ掛ける心配もないですね。

スタンド本体は打ち込みやすくなっている

出典:DOD

ペグのように地面に打ち込んで使うので、打ち込みしやすい形になってます。
もちろん、抜く時も引っ掛ける為の穴があるのでご心配なく。

 

好きなポールを設置できる

出典:DOD

直径15~28mmのポールを取り付けることが可能。用途や好みに合わせてポールを選べます。
ただし、注意があるようです。

燃料を使用するランタンや1kg以上の重いランタンを引っかける場合には、ビッグタープポール(XP5-507K/XP5-507R)を使用してください。

引用:DOD

あまり重いものはしっかりしたポールを選ぶ必要があるようですね。

 

『チンアナゴペグ』の仕様スペック

出典:DOD

仕様は以下の通りです。

 チンアナゴペグ
ブラック
重さ(約)960g
(付属品含む)
ペグサイズ(約)W8×D3.5×H60cm
ポールサイズ(約)
ランタンハンガーサイズ(約)長さ27㎝
収納サイズ
(約)W25×D63×H6cm
材質ペグ、ランタンハンガー:スチール

キャリーバッグ:600Dポリエステル(PUコーティング)
付属品ペグ
キャリーバッグ
価格オープンプライス
参考価格税込2900円

『チンアナゴペグ』のセット内容

出典:DOD

ポールは別途用意する必要があります。

のざる家では、よくタープのポールにくくりつけるのですが、上手く設置できず、灯りがあたる範囲も限られてしまいます。

また、ランタンポールは自立するために、三脚タイプが多く、サイト内で場所を取り暗闇では足を引っ掛けることも。

大人でさえ気を付けていてもつまづくので、お子さんに少しでも危険な箇所を減らすのにはいいと思います。

でも、これなら一本で自立するので、サイトもスッキリし、好きな場所に設置できます。

荷物もコンパクトになりますね!

ランタンスタンドだけじゃない、用途は様々

出典:DOD

チンアナゴペグを複数用意すれば、ロープをかけてキャンプ道具を引っ掛けたり、洗濯物を干したり。

うんうん!なんだかおしゃれに見えますね!!

まとめ:一家に数本チンアナゴペグ!!

いかがでしたか?

サイト内を少しでもすっきりさせれば動線も多くなり、小さなお子さんも遊びやすくなりますね。

こんなユニークなアイテムを使ってみるのも楽しいですね!!

発売したばかりの『アンコウスタンド』との比較記事も気になりませんか??
https://nozarunchicamp.com/ankoustand/

お知らせ

アウトドアショッピングサイト「cabinet」とアウトドアライフ全般WEBメディアサイト「ハピキャン」でライターやってます。

この記事も読まれています
ランタン類
スポンサーリンク
いいね!をクリックすると「のざるん’ち」の更新情報をお届けします
Twitterもフォローしてみませんか?
\記事が役に立ったらシェアしてね/
FOLLOW ME
関連記事
タイトルとURLをコピーしました