家族と使える超軽量焚き火台を知っていますか?

【MIZUNO マウスカバー】ミズノのマスクをレビュー! 着け心地は? サイズ感は?涼しい? 暑い? ひんやり? 洗える?

雑記
当サイトではアフィリエイト広告またはプロモーションを扱っています

こんにちは、のざる【】です!!

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

様々なメーカーから様々なマスクが発売され、街中でもいろんなマスクを見かけるようになりました。

日常も職場もマスク必須な毎日。元々ひどい花粉症なのでマスク着用に抵抗はありませんが、さすがに夏場のマスクは辛い((+_+))

通気性の良いポリウレタンのマスクとか、ひんやり素材のマスクを使って過ごす日々。

そんな中、総合スポーツメーカー「MIZUNO(ミズノ)」から発売された「ミズノマスクが結構いいらしい」という噂を聞きつけ、2020年6月末の再販に応募したんです。

すると、伸縮性に優れた水着素材を使ったマスク「ミズノ マウスカバー」の購入に運良く当選。

当選者用のサーバーエラーとか決済の重複とか購入エラーとか、購入にあたりさんざん悩まされましたが、無事に到着しました。

せっかくですので、しばらく使ってみた感想を自分なりにレビューしてみます。

内容はあくまでも個人の感想です。
スポンサーリンク

MIZUNO MOUTH COVER(ミズノ マウスカバー)

ミズノ マウスカバーとは

 ミズノのマウスカバーとは

ミズノの水着や陸上ウェアで使用している優れた肌触りの良いソフトな素材「2wayストレッチトリコット」(ポリエステル83%+ポリウレタン17%)を採用して作られたマスク。フェイスラインを優しく包み込む設計で耳周りの締め付け等のストレスが少なく、飛沫拡散を抑制。2020年5月末初回販売時は2万枚が即完売。2020年6月末は2度目の再販。

ミズノマスクと言っていますが、正式名称は「マウスカバー」

カラーやデザインは全20パターンのデザインや色があり、涼感素材「アイスタッチ」を装着した、いわゆる夏用マスクも販売されました。

ミズノ マウスカバー サイズ

サイズはS・M・Lの3種類。

着用サイズ感の参考として以下のような公式アナウンスがなされています。

大きさの目安はイラストに記載がございますのでご参考ください。
また、すべての方にあてはまるわけではございませんが、おおまかな目安として以下もご参考下さい。

S:お子様、小顔の女性
M:女性、小顔の男性
L:男性

出典:公式サイト

実際のサイズ感・フィット感については後述しますが、自分の感想としてはこの案内でおおむね正解だと感じました。

ミズノ マウスカバー 仕様

種類 単色 プリント アイスタッチ
価格(税込) 935円 990円 1,320円
サイズ S、M、L
本体素材 ポリエステル
ポリウレタン
内側素材 ポリエステル ポリエステル
トリアセテート
原産国 日本
ラインナップや価格は公式サイトで確認できます(2020年8月12日時点)。

ミズノ マウスカバー ディテール

ミズノマウスカバーは、水着や陸上ウェアで使用している優れた肌触りの良いソフトな素材「2wayストレッチトリコット」を採用しているだけあって、実際に触ってみても柔らかくて伸縮性の高いマスク。

ただし生地は薄めでペラペラ感があります。かといって、すぐに破れそうな感じはしません。

マスクのデザインによって、ロゴの位置が違うようです。

全体的に縫製の不具合は見受けられませんでした。しかし個体差はあるようで「縫製が雑」というレビューもチラホラ見かけます。

我が家に届いたものには、縫い目がズレているとかほどけているなど変なものはありませんでした。

耳にかける部分は細くなく、約1cm程の幅がある帯状なタイプです。

ミズノ マウスカバー 内側は2重構造

ミズノのマスカバー、内側にはポリエステル素材が縫い付けられた2重構造になっています。

当て布をすることにより、飛沫防止効果をアップさせているんでしょう。

全てががっちり縫い付けられているわけではなく、すき間を確認することもできます。

こっちはプリントタイプの内側。

こちらはアイスタッチ仕様の内側。ポリエステルだけでなくトリアセテートも使われていて、メッシュのような作りになっています。

トリアセテートとは

接触冷感性がありサラサラとして涼しく、速乾性の高い素材。ただし濡れた状態ではシワになりやすく、付いたシワは取れにくい。

本体の素材は同じなので外からの見た目には分かりませんが、内側を並べてみると、生地の違いが一目瞭然です。

ミズノ マウスカバー 注意事項

パッケージに同梱されていた、注意事項の紙。たくさん記載されています。

中でも注意したいのは、あくまでも感染(侵入)を防ぐためのものではないという点。

咳やくしゃみをした時の飛沫拡散を和らげるものとなっています。

そうなると、花粉症の時期の花粉の侵入を防ぐ効果は少ないかも(/ω\)

ミズノ マウスカバー 着用感

顔が大きい自分ですが、男性向けなLサイズを着用。素材が柔らかく、肌触りも良好。顔周りに触れていても痛さやザラザラ感なども感じません。

メガネ+マスクというとメガネが曇ることに悩まされがちですが、マスクをしっかり上げ、メガネの鼻あて部分でマスクをおさえれば曇りません。

メガネ部分からあご下まですっぽり隠れるほどの大きさ。

水着素材なので伸縮性も高く、隙間もほとんどなし。顔へのフィット感は抜群。縫い目や生地の段差が少ないので、ズレにくく、着けていても違和感あまり感じませんでした。

耳後ろへの違和感も少なく、1日中着けていても痛くなることはほとんどなし。

ノーマスクに比べればもちろん苦しくはなりますが、通気性も高く、熱がこもりにくい印象。その為か、息苦しさもかなり軽減されている気がします。

口に振れる内側の生地が呼吸したときに生地が口や鼻に貼りついてくるようなこともほぼなく、生地がサラっとしているので汗をかいてもべたつきが少なく快適です。

補足

サラサラした生地でも、35℃など酷暑の中で汗が湧き出るような状態ではさすがに快適さを保つのは困難です。多少はべたついたりすることもあります。

ミズノ マウスカバー アイスタッチは冷たい?

接触冷感素材が内側に採用されている「アイスタッチ」を装着。

フィット感やサイズ感はノーマルタイプと同等。

接触冷感といえば触れたら冷たく感じる素材なんですが、装着しても冷たさは感じず。

ただし、ノーマルタイプに比べて口元の通気性や汗や熱を逃がす効果が高くなっている印象を受けました。

猛暑の中では、ノーマルよりはアイスタッチのほうが幾分か呼吸が楽です。

そうは言っても、ノーマルに比べて400円近く値段も高い割には、使い心地に大きな差がありません。これならノーマルでよかったかなというのが率直な感想。

「接触冷感・アイスタッチ」と謳っていたので期待していたんですが、ちょっと残念です。

ミズノ マウスカバー 洗濯してもすぐ乾く

ミズノのマウスカバーは洗って繰り返し使える素材。洗濯は手洗いが推奨されています。

パッケージ開封後は素材の独特な臭いがするので、ちょっと臭い。いちど洗ってから使うのがおすすめです。とりあえず、手洗いしてみます。

洗った後は濡れた水着を持っているかのような感覚。このまま装着してみると、プールから上がった直後に水着が肌に貼りついている感じが味わえます。

一晩室内で干しておくと、翌朝にはすっかり乾いています。扇風機をあてたりすれば、数時間で乾きますし、天気のいい日の日陰干しでも1~2時間で乾きます。

ただ、毎日手洗いはしんどいので、小さ目のネットにいれて普通に洗濯機で洗濯。

スリコで見つけた靴下型の小さな洗濯ネット^_^

大きめのネットだと、他の衣類に紛れて伸びてしまったりしそうなので、小さ目の、ピッタリサイズ感のあるネットがよろしいかと。

毎日毎日洗っていますが、今のところ特に破れやほつれもなく問題なく使えています。

ミズノ マウスカバー 耐久性はどう?

内側は毛羽立ちやすい?

使い始めておよそ1か月。ノーマルとアイスタッチを交互に着用していますが、内側に少々異変がでてきました。

アイスタッチ内側メッシュのような作りになってます。その為か、少々毛羽立ちが目立つようになってきました。

ノーマルタイプも、アイスタッチほどではありませんが毛羽立ってきました。

これはおそらく、口周りの髭ヒゲ)が引っかかってしまっているものかと思われます(-_-;)

個人差でしょうけど、自分は髭が濃いほう。髭は毎日剃ってはいますが、夕方には伸びてきちゃいます。加えて、仕事では電話などしゃべることが多い為、余計にマスク内で引っかかってしまっているんじゃないかなと。

・・・これは個人差があるので仕方ないですよね(´;ω;`)

表面がほつれはじめてきた?

使い始めておよそ3か月。アイスタッチの外側がこんな感じになってきました。