ワークマン公式オンラインストアはこちら『BE-PALアウトドアキットBOX はじめての焚き火入門』重版決定

【ライトスリッポン】1,500円で買えるワークマン2019年春新作シューズは軽くて履き心地がいい感じ

ワークマン

こんにちは、のざる【】です!!

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

2018年からお世話になりっぱなしのワークマン。

そんなワークマンで流行っていると噂の軽量シューズを購入しました。

キャンプやアウトドアに使えそうなことはもちろん、これからの季節、普段履きにもいい感じの「LIGHT(ライト) スリッポン」

ざっくりとご紹介していきます。

内容はあくまでも個人の感想です。
スポンサーリンク

ワークマンの軽量スリッポンが人気らしい

これこれ!ワークマン2019年春夏のカタログに載っている軽量スリッポン。キャンパーさん達の間で話題になっているようで、自分も欲しくなっていたアイテム。

ちょうど普段履きの靴も買いかえたかったし、税込1,500円で買えるならいいんじゃない?

「行こうみんなでワークマン♪♪♪」なんて口ずさみながら向かった先は、我が家恒例のワークマンプラス・・・ではなく、近くにある既存店。

だって、この間行ったワークマンプラスには売ってなかったんですもん。

ワークマン2019年春夏モデル【FieldCore】エアロストレッチクライミングパンツは春夏キャンプに最適な仕様~あの有名パンツに似てる??
恒例のワークマンプラスで購入してきた2019年新作モデル。今回は「エアロストレッチクライミングパンツ(CS003B)」を買ってきました。いくつかカラーはあるものの、無難にブラックを購入。130%の全方向ストレッチ性能に吸汗速乾。ざっくりとご紹介します。

ちなみに、ワークマンプラスで買ってきた靴と言えば防寒シューズ。

【使用感更新中】防寒シューズ1900円!!『ワークマンプラス』でザノースフェイスっぽいシューズを見つけてきた~おすすめ防寒ブーツもご紹介
機能良しコスパ良しなキャンプアウトドアウェアが揃う「ワークマンプラス」。この冬のキャンプに向けて、格安で防寒シューズを見つけてきたんです。その見た目は、タウンユースでもアウトドアでも使えるブランドとして有名な『THE NORTH FACE(ザノースフェイス)』のシューズに似ている??その仕様・履き心地を紹介します。

これも1,900円。雨の日の通勤時にも活躍してるし、キャンプにも履いて行っちゃってます。

2019年春夏物アイテムをちょっとずつ購入してきたとはいえ、靴を買うのは今回が初。カタログで見る感じだと、見た目はアウトドアっぽくて結構いい感じ。とはいえ、靴なので試し履きしてみないとなんとも言えない。ワークマンプラスには売ってなかったから、とりあえず近くの既存店に行ってみよう。

おっ!!たくさん売ってる!!

見た目もさわり心地もいい感じ。さてさていかがなものかと思い、お店で試着。

はい、お買い上げ決定です。2足も買ってきちゃいました。

ワークマン2019年春夏モデル FieldCore 『ライトスリッポン』

というわけで、2足買っちゃいました。2足買っても税込3,000円。安い!

このシューズ、ワークマンのオリジナルブランド「FieldCore」のラインナップ。正式名称は「FC010 LIGHTスリッポン」

イーブイのぬいぐるみは、長女がたまにはブログに登場させろと言うので載せてみました笑

LIGHT(ライト) スリッポンの仕様

カラー
ベージュ・クロ・ネイビー・グリーン
甲部分素材ポリエステル・綿・ポリウレタン
底部分素材EVA・合成ゴム
サイズS・M・L・LL・3L
価格税込1,500円
参考サイズ表
Sサイズ23.5~24.0cm
Mサイズ24.5~25.0cm
Lサイズ25.5~26.0cm
LLサイズ26.5~27.0cm
3Lサイズ27.5~28.0cm

男女兼用で使えるようになってますけど、一番小さいSサイズでも23.5~24.0cm。

妻は普段22.5cmくらいのため、履いてみると結構ブカブカ。靴下やインナーソールで調節するのにも無理がありました。なので、残念ながら妻は見送り。

もう少しサイズが大きめな女性ならば、靴下やインナーソールで調節すれば履けるかも。

FieldCore ライトスリッポンを徹底解説

このライトスリッポン、カラーはベージュ・クロ・グレー3色展開。その中で買ってきたのはベージュとグレー。普段履きとキャンプで使う事を想定してるし、洗い替えと考えれば2足でいいかなあ。見た目の好みから、クロは今回パスです。

2020年モデルではグレーがなくなり、ネイビーとグリーンの新色が追加されています。

見た目と作りはいい感じ

明るめなグレー。黒パンツや濃い目のデニムで合わせやすそう。

こちらがベージュ。これも明るめな色合いで、黒パンツやデニムはもちろんスウェットパンツでもイケるんじゃない?1番アウトドアっぽい感じがします。

外側側面にはFieldCoreのロゴ入り。リフレクター機能はなさそう。仕様に記載はありませんでした。

甲部分のベルトは、調節ができるようになってます。アウトドアっぽい飾りだけじゃないですよ。キュッと締めれば結構フィットします。ベルトはゴムではないので伸びません。

外してみると、なんだか寂しい見た目になっちゃう。

つま先部分はこんな感じ。甲部分の素材はポリエステル・綿・ポリウレタン。

仕様によれば、キャンプ時の急な雨に対応できるよう撥水加工は施してあるようですね。とはいえ、がっつり雨が降ればしみこむでしょうから注意しましょう。

底面は、ツルツルではなく凸凹した作りになっていました。これなら多少の滑り止め効果はあるかと思います。

ソールはそこそこ厚みがありますけど、結構柔らかい。つま先部分は薄めなので、そんなに力をいれなくても足先は曲がります。ソールが固いと歩きにくいですからね、個人的には、この柔らかさは高ポイント。

履く部分のリブみたいな部分。ゴムになっているので伸びます。このあたりの作りはちょっと安い感じ。

履いてるうちに伸びちゃうかもしれないですが、甲部分のベルトで調節できるのであまり気にする必要はないかなと。

収納袋がついていて持ち運びやすい

税込1,500円という破格なお値段なのに、持ち運び用の収納袋までついてます。

スッポリとはいります。余裕があるサイズなので、入れにくいことはないですね。これ、結構便利。

こんな風に、ザックの横にも収納できます。

折り畳むというよりも潰す感じでペッタンコになっちゃいます。ほぼソールの厚みだけですね。カカト部分もそこそこ厚みがあります。

ティッシュ箱と比べてみました。薄めの箱ですけど、参考になれば。

収納袋の紐はゴムで、ちゃんと締められるようにアジャスターつきです。何度も言ってますけど、これで税込1,500円。

インナーソールはメッシュ素材

コレだけ安いからインナーソールは底にくっついているのかなと思いきや、ちゃんと外れます。しかも、ちゃんと厚みがある!!履いた感じは少しクッション性があって、悪くないですね。洗うときにちゃんと外せるのはいいことだと思います。

近くで見ると、細かいメッシュで向こうが透けて見えてる。

裏側。大きな穴がたくさんあって、通気性を確保してくれてるようです。

カカト部分には、ロゴとサイズ表記がついてます。

インソールを外した状態。キャンプ後は、砂とか土とかいっぱいはいってそう(笑)

履き心地は思ったよりもいい感じ

買ってきたのは3Lサイズ。普段のスニーカーは27.5~28cm。LLサイズだとピッタリすぎたので、3Lをチョイス。つま先にまだ余裕はありますけど、甲部分のベルトで締まるし、足をいれる部分もゴムで軽く締まるので問題なし。

むしろちょっとゆとりある方が、足は楽チン。

仕様によればLサイズで片足が約160g。それよりは重いでしょうけど、とにかく軽い!!履いていても足が楽チンです。

ソールも程よく厚みがあって、ペッタンコ靴な感じはしません。

カカトもつぶして履けるから、テントの出入りも楽ですね。今度のキャンプはこれ1足で行こうかな。

カカトにループがついてますけど、潰して履いても特に気になりません。

このカカト部分についているループは結構大きめ。吊るせるし、履く時にここが持ちやすいので結構便利。

キャンプじゃないけど、娘の学校に行く時にかなり便利かなと。靴は下駄箱に置いたりせずに持ち運びしないといけないんですよね。

そうすると普通のスニーカーだと結構かさばるから大変。特に自分の靴は大きいから鞄にも入れづらい。さらにカカト踏めてサッと履けるから、混雑して後ろの人に迷惑にならないようにできればいいです。

あとがき

▲ワークマン2020カタログP67.68より抜粋

個人的には、満足度高めなシューズ。だって1,500円で買えて収納袋もついてカカトも潰せて軽量。

ですけど、全体的な作りに安っぽい感じがあるのは否めないですよ?

ソールが少し厚めとはいえ、アウトドアシーンでがっつり使うには頼りない印象。甲部分の生地も薄め。本格的なアウトドアシーンで使いたいなら、それなりのブランドシューズを選ぶほうがよいかと思います。

車で移動して、そこそこ整った家族向けキャンプ場しか行かない我が家のようなライトキャンパーさんが使ったり、近所をお散歩したりするのに使う分にはいいんじゃないかと。

税込1,500円でそこそこ使えそうなアウトドアっぽいシューズが買えちゃうんだって!!

1,500円ですからね。そのあたりはゆるーく考えて、ざっくりした感じで使ってみるのがよいかと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

公式オンラインストアでライトスリッポンを見てみる

 

こんな記事も書いています
ワークマン『裏ボアライトスリッポン』は冬キャンプで大活躍!!ふわモコなアウトドアシューズが1,900円
こんにちは、のざる【Follow @camp_bata】です!! 本ブログにお越しいただきありがとうございます。 毎日のように「...

 

【キャンプの靴ってどうしたらいい?】ワークマンでもサンダルでも履きやすいシューズで大丈夫~我が家のシューズ事情を大公開
「キャンプに行く時、どんな靴を用意してんの?」先日、友人からそんな質問を受けました。先に結論を言うと「汚れてもいい普段履きのスニーカーとサンダルがあれば十分」。キャンプする時の我が家のシューズ・サンダル事情をご紹介します。夏キャンプも冬キャンプも意外となんとかなるもんです。

 

これもアリ!?3COINS(スリコ)で見つけた『スマートフォンクリップホルダー』でテーブルを照射~ランタンスタンド代わりに使えるかも!?
300円均一でおなじみの「3COINS(3コインズ)」、略して「スリコ」で見つけてきたプチプラアイテムの【スマホクリップホルダー】。 これ、ランタンスタンド代わりになるんじゃない? そんな安易な考えで購入してきましたので、ざっくりとご紹介します。

 

 

お知らせ

アウトドアショッピングサイト「cabinet」とアウトドアライフ全般WEBメディアサイト「ハピキャン」でライターやってます。

この記事も読まれています
ワークマン
スポンサーリンク
いいね!をクリックすると「のざるん’ち」の更新情報をお届けします
Twitterもフォローしてみませんか?
\記事が役に立ったらシェアしてね/
FOLLOW ME
関連記事
タイトルとURLをコピーしました