Twitterはこちらレビュー記事はこちら

『TAKIBI CHAIR(タキビチェア)』DODの超ロースタイルな焚火特化型チェアがついに発売

チェア・マット類

こんにちは!!のざる@camp_bataです。

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

先日紹介しました、アウトドアブランド「DOD」から発表されていた、2018秋冬新作キャンプチェア『タキビチェア』。

個人的にも、非常に気になっているこのチェアがようやく公式発表で販売開始となりました。

公式に発売日は明記されていませんが、本日11月15日に販売開始と告知されているので、11月15日が発売日と推測します。
スポンサーリンク
  • 2020年秋冬モデル発売
  • ネット購入でも店舗受け取りなら送料無料

公式 ワークマンオンラインストアはこちら

お近くのワークマンはこちらから確認:店舗検索

#ワークマン女子アイテムにも注目

『TAKIBI CHAIR(タキビチェア)』

出典:DOD ※画像はブラック

その名称の通り、焚火の側で利用することを想定した焚火特化型チェア。

火の粉に強い、綿100%の帆布生地を採用。

地面からの高さが、わずか23・5cmと非常に安定感ある折り畳みチェアなんです。

仕様は以下の通りです。

仕様・特徴

仕様や特徴については、以前の記事をご覧ください。

『TAKIBI CHAIR(タキビチェア)』は超ロースタイルなタフで無骨な焚き火特化型チェア〜DOD2018新製品
ようやくお披露目になった『TAKIBI CHAIR(タキビチェア)』。超ロースタイルなDODの焚き火チェアは名前の通り焚火が楽しめる焚き火特化型キャンプチェアがDODから登場です。ヌノイチ、テキーラ180と合わせたら最強の野営スタイルになるかもしれないアイテム。価格は?発売日は?気になるこのチェアを調べてみました。

価格

Amazon参考価格 5547円

11月15日時点の情報です。
もし購入される場合は、本体価格や送料などをよく確認されることをオススメします。

注意点

  • 帆布生地の特性上、使っていくうちに生地が伸びてくる
  • フレームにはブラックカラーを採用している為、製造上で発生する小キズがシルバーなどのカラーに比べて目立ちやすい

気になる点

  • 折り畳みチェアだが、収納サイズが高さ80㎝、幅60㎝と大きく、積載に場所を取る
  • 3.4kgと重め

まとめ

いかがでしたか??

個人的には、この安定感ある超ロースタイル感がお気に入り。

コンパクトにはならないので荷物としてはかさばってしまうんですが、焚火がますます恋しくなるこの季節にはぴったりなチェアだと思うんです。

自宅のコタツでも、あぐらイスとして使ってみたいアイテムです。

そして、本体参考価格は思ったよりも安かったという印象。

6〜7000円くらいするかと思ってました。

実際欲しいので、家族に交渉開始してみます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お知らせ 
360°全天球カメラで家族写真を撮りませんか?
この記事も読まれています
チェア・マット類
スポンサーリンク
いいね!をクリックすると「のざるん’ち」の更新情報をお届けします
Twitterもフォローしてみませんか?
\記事が役に立ったらシェアしてね/
FOLLOW ME
関連記事
タイトルとURLをコピーしました