家族と使える超軽量焚き火台を知っていますか?

スノーピークの感謝祭『雪峰祭~2018秋』は10月21・22日開催~限定アイテムをチェック

ショップ・メーカー情報
当サイトではアフィリエイト広告またはプロモーションを扱っています

こんにちは!!のざる@camp_bataです。

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

毎年、春秋の年2回開催されるスノーピークの雪峰祭(せっぽうさい)。

公式サイトによると、今秋は2018年10月21日(土)・22日(日)に開催されます。

スノーピークの本社やキャンプフィールドでは、なんだか楽しそうなイベントが盛りだくさん!!

のざ長女
のざ長女

餅つきやってみたーい。

そう長女は言いますが、イベント会場であるキャンプフィールドはどこも我が家から遠く、さすがに行けません。

でも、イベントに参加することはできなくてもスノーピークストアやオンラインストアを眺めてみることはできるんです。

そこで、『雪峰祭~2018秋』で販売されるアイテムやイベントをまとめてみました。

スポンサーリンク

『雪峰祭~2018秋』について

スノーピークの恒例行事である雪峰祭(せっぽうさい)。

始まりは2000年。今年で18年目になります。

キャンプアイテムなどのユーザー、そして地域の方々への感謝をこめて実施している、スノーピークの感謝祭なんです。

このお祭りの開催場所は、本社があるHeadquarters(新潟県三条市)、そして全国のキャンプフィールドとスノーピークのストアで年に2回開催しています。

本社のHeadquartersでは、ワークショップや物販・飲食の出典など様々なイベントが開催されるようなんです。

のざ妻
のざ妻

ただ、新潟まではちょっと行けないよ。

開催期間・開催場所

2018年10月21日(土)・22日(日)の2日間に渡り、全国のスノーピークストアまたはキャンプフィールドで開催されます。

詳細は公式サイトをご確認ください。

公式 店舗一覧

公式 雪峰祭2018公式サイト

余談ですが、昨年の雪峰祭~2017秋も10月21日(土)・22日(日)開催という同じ日程でした。
スポンサーリンク

『雪峰祭~2018秋』で限定販売されるアイテムは5つ

スノーピークのキャンプギア。

あの色合いがのざるものざ妻もとっても好きなんです。

「イイナーホシイナー」といつも思うんですけど、スノーピークのアイテムはどれもお値段がお高いので買えません。

唯一持っているのは、ファミキャンにおすすめ!!といつも称される「アメニティドームM」

スノーピークの中では比較的お安い価格。

現在は若干値上がっていますが、購入時は値上げ前。そしてアウトドアショップのセールもあり我が家も購入することができました。

雪峰祭ではアウトレット品などお安く購入できたりするようなんですが、それはイベント会場でのこと。

しかも抽選販売。引きの弱い我が家には至難の業。

のざ妻
のざ妻

そもそも行けないから関係ないじゃん。

オンラインストアやスノーピークストアで購入できるのはアウトレットなどではなく、雪峰祭にちなんだ限定アイテムなんです。

ほおずき提灯シェード 2018EDITION (10/20発売予定)

出典:スノーピーク

スノーピークの「ほおずき」といえば、独特のデザイン・フォルムをしたLEDランタン。

その「ほおずき」が限定アイテムとして登場。

そのお値段にも驚きました。

のざる
のざる

えっ!!この値段で買えるの??お祭りだから??

と、ちょっと興奮したんですが、そのお値段にはきちんと理由がありました。

よく見れば分かるんですが、アイテム名の通り「シェード」のみの販売なんです。

シェードのみの販売です。ほおずき本体は付属していません。

仕様

  • サイズ:約Φ110×62mm
  • 材質:楮紙(撥水加工)

特徴

出典:スノーピーク

「ほおずき」専用の和紙でできた提灯型のシェード。

和紙を使っているので「濡れたりしたら破れそう・・・」と心配になりましたが、そこはアウトドアブランド。和紙には撥水加工が施されていて、急な雨にも破けにくくなっているようです。

とはいえ、雨の中放置していたらさすがに破れてしまいそうですね。

提灯型というのが、独特な「和」の雰囲気を醸し出しているように思います。

ただ、我が家のようなゴチャゴチャしたテント内じゃちょっと不釣合いな気もしてなりません。

価格

参考税抜価格:1980円

公式 ほおずき提灯シェード 2018EDITION アイテムページへ

スノーピークレインボーストーブ 2018EDITION(10/20発売予定)

出典:スノーピーク

雪峰祭2018秋、レインボーストーブの限定モデル。

本体カラーはライトブルー。

本体の色は塗装。製品上部の天板パーツと製品下部の置き台パーツは黒だそうです。

仕様

  • サイズ:外形寸法(置台含む):幅388mm 奥行388mm 高さ485.7mm
  • 重さ:約6.2kg
  • 付属品:ストーブ本体、置台パーツ、取扱い説明書
  • 種類:自然通気型開放式石油ストーブ/しん式・自然対流型
  • 点火方式:電池点火(単二型乾電池2個・別売)
  • 使用燃料:灯油(JIS1号)
  • 最大燃料消費量:2.5kW(0.243L/h)
  • 暖房出力:2.5kW
  • 油タンク容量:4.9L
  • 燃焼継続時間:約20時間
  • しん(種類):耐熱普通筒しん
  • しん(呼び寸法):内径65mm 厚さ2.5mm 吸上量200%
  • 安全装置:対震自動消火装置(しん降下式)

特徴

出典:スノーピーク

2018年限定生産レインボーストーブは、ガラスグローブに星座の模様が描かれているのが特徴なんです。

燃焼時にこのガラスグローブを通して、炎が7色にグラデーションするのが綺麗ですね。

星が好きな長女は画像を見て、この柄にうっとりしていました。

本体カラーも少しレトロ感な印象を受けます。

2017年限定版は本体カーキ色にグローブは「ナスカの地上絵」、
2016年限定版は本体シルバーカラーにグローブは「雪の結晶」でした。

価格

参考税抜価格:39800円

公式 スノーピークレインボーストーブ 2018EDITION アイテムページへ

リトルランプ ノクターン 2018 EDITION(10/20発売予定)

出典:スノーピーク

2016年発売当初から大変人気のある「リトルランプ ノクターン」。

こちらも雪峰祭2018秋限定アイテムとして販売されます。

以前スノーピークストアでノーマルモデルを見て、個人的にこれいいなあと思っていたアイテムなんです。

仕様

  • 材質:アルミニウム合金、ブラス、ゴム、ガラス、ステンレス鋼
  • サイズ:42×40×105(h)mm
  • 重量:102g
  • 収納サイズ:51×47×112(h)mm
  • セット内容:本体、取扱説明書

特徴

前述のレインボーストーブと同様にグローブには「星座」模様があります。

本体カラー、ノーマルモデルはシルバーですが限定版はブラック。

暗い夜空に星座を浮かび上がらせるといった印象です。

「リトルランプ ノクターン」はスノーピークの中でも比較的お安い部類に入ります。

テーブルランタンとして利用するのにはかなりいい感じに思えます。

ただ、当然ガスカートリッジは別売りですしグローブも使用時には熱くなります。

特に小さい子供さんが触らないように注意が必要です。

価格も限定版の為ノーマルモデルより若干高くなっています。

とはいえ、1つ持っていると2つ3つ欲しくなると言われるこのアイテム。

既に「リトルランプ ノクターン」を使っている方は、これを機に追加購入してしまうのかもしれませんね。

ちなみに、2017年限定版のグローブは「ナスカの地上絵」でした。

価格

参考税抜価格:4980円

公式 リトルランプ ノクターン 2018 EDITION アイテムページへ

ランドロック サイドタープ(10/20発売予定)

出典:スノーピーク

ランドロックのサイドにひさしとして取り付け可能なタープ。取り付けることによって、サイドパネルからの出入りや空間を快適にすることができるオプションタープです。

もちろん、タープ単体としても利用可能なんです。

タープのみの販売です。ランドロック本体は別売りです。

仕様

  • セット内容:タープ本体、自在付ロープ(二又用×2、シングル×4)、キャリーバッグ、ポールケース、ペグケース
  • 重さ:2.96㎏
  • 使用時サイズ:500×336cm
  • キャリーバッグサイズ:80×19×21(H)㎝
  • 材質:本体/210Dポリエステルオックス・遮光ピグメントPUコーティング耐水圧3,000㎜ミニマム・テフロン撥水加工・UVカット加工

特徴

出典:スノーピーク

ランドロックはとにかくお値段が高いのでとてもじゃないけど手がでません。

とはいえ、「ランドロック持っているけど、タープどうしよう」、はたまた「ランドロックの購入を考えているけど、いいタープがないから購入に踏み切れない!!」なんて人もいるのかもしれません。

そんな方々向けなアイテムですね。

テントの出入り口は前面が多いと思