ナチュラムにて『キャンプアイテム秋の総力祭』開催中Cabinetでライター始めました>

コクピット型にワクワクする?『テキーラ180』は究極のソロキャンパー向けローテーブル〜DOD2018秋新製品

たき火・コンロ類

こんにちは!!のざる@camp_bataです。

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

2018秋のDOD新製品はソロキャンパー向けや焚火関連のアイテムが多い印象。

野営スタイルにピッタリな「ヌノイチ」と合わせて使ってみたい、究極のソロ用ローテーブルが登場です。

【DOD新製品】『NUNO-ICHI(ヌノイチ)』は野営スタイルにピッタリな布1枚の超シンプルテント
今回DODから発売される新製品は、切れ目が入った「布一枚」のアイテム。 創意工夫することで自然を楽しむことに重点を置いた究極のシンプルテント。その名も『NUNO-ICHI(ヌノイチ)』。布一枚で出来上がるから「ヌノイチ」。どんな構造になっているのか。これは気になるアイテムなので、調べてみました。

焚き火もできるタフさに、ラウンド形状と多機能構造を備え、しかもコクピットのような配置ができる。

テキーラの名がつくこのアイテムは、アイアンフレームと組み合わせて作るテーブルなんです。

既に発売中のテキーラテーブルと異なる点は、焚き火テーブルであり、尚且つソロキャンパー向けな超ローテーブルになる事。

その名も『テキーラ180(ワンエイティ)』

個人的にですが、ソロで野営スタイルをやってみたくなっているこの頃。

更に、ガンダム世代でロボット物が大好きな自分は「コクピット」という言葉に無駄に惹かれてしまうので調べてみました。

スポンサーリンク

テキーラ180(ワンエイティ)

出典:Amazon

テキーラテーブルと同様に天板のスチール部分が編み目になっていて、両端がカーブし、ローチェアを配置すればテーブルに180°囲まれるコクピットスタイルが楽しめる超ローテーブル。

このコクピットスタイルに惹かれてしまうんです。

のざ妻
のざ妻

なにがいいのやら。

何がと言われても、とにかくいいんです、コクピット。

名称の「180」はこの半円180°からきているんでしょうね。

仕様

出典:Amazon

『テキーラ180』仕様
カラーブラック
サイズ (約)W137×D68×H86cm
※天板高さ:23cm
パイプ直径
(レッグ)
Φ12.7mm
収納サイズ (約)W88×H46.5×D8cm
重量(約)
※付属品含む
8.3kg
静止耐荷重30kg
材質
スチール
付属品ストラップベルト

5つのパーツで構成されるこのテキーラ180。

テキーララックと同じように、アイアンレッグと組み合わせて設置するローテーブルのようです。

レッグの開き方によりサイズは変動するそうです。

特徴

出典:Amazon

材質にはスチールを使用し、プレートは厚さ3mm。その為、木材などの熱に弱い天板だと不可能な使い方ができます。

焚き火の上で使用できる

出典:Amazon

3mm厚のスチール素材と、炎が当たっても剥げにくい耐火塗装が施してあるので焚き火の上で使用することができ、直火でフライパンや鍋を置いての調理が可能になっています。

焚火調理が可能なアイテムでは、Amazonからキャンプファイヤーグリルなんてのもあります。

【Amazonベーシックはテントだけじゃない】焚火用グリルが良コスパ【キャンプファイヤーグリル】
Amazonベーシック(Amazon Basics)はキャンプ用テントだけじゃない。焚火用のファイヤグリルも展開しています。機能は?お値段は?直火OKなグリル台はスキレットやダッチオーブンの調理にうってつけ。やっぱり焚火を囲んで調理すれば、気分はおしゃれキャンプの仲間入りかも?

こちらはコクピットスタイルではないんですが、コスパはいいんですよね。

火起こしもこんなアイテムを使ってみてもいいかもしれません。

火起こしをお洒落に!『Petromax(ペトロマックス)ファイヤーキット』がなんだかカッコイイ〜コンパクトでシンプルな手の平サイズ
ドイツの灯油ランタンメーカーであるペトロマックスから、なんともシンプルなファイヤーキットが発売されていました。 その名も『Petromax(ペトロマックス)ファイヤーキット』 火起こしはアウトドアの第一関門。 とはいえ、火起こしもお洒落でスマートに楽しんでみたい。 ファイヤーキットは、そんな願いを叶えてくれそうなアイテムなんです。

マット塗装が渋い

この塗装、マットブラックなのが無骨でかっこよく感じます。

個人的にはピカピカよりもマット塗装が好み。

ガンプラもマットカラー塗装をよくやったものです。

一度テーブルとして組み立てるとパーツの接触部分に擦れ跡が残りますとの注意書きがあります。

コクピットスタイルが楽しめる

出典:Amazon

個人的に一番気になっているのが、男心を擽る「コクピットスタイル」が楽しめます。

のざ長女
のざ長女

だからコクピットのなにがいいの?

いいんです。理由なんかないけどとにかくコクピットに憧れるんです。

テーブルの中心にローチェアを設置すれば各種アイテムが手の届く範囲におさまるのでとても効率的。

画像のように焚火調理をしつつ、半分はテーブルとして使えるようになっています。

テーブルとして利用するにも、丈夫な仕様なので熱々になった調理器具も直接置いておけます

通常のテーブルだと、汚れや焦げ付きを避ける為鍋敷きなどが必要なんですが、このアイテムだとそれは必要ないんです。

出典:Amazon

付属のランタンレッグにはランタンを吊るすことができ手元を明るく照らすことができます。

テーブル正面のレッグ上部にはシェラカップやカラビナなどを吊るすことができ、置き場所にも困りません。

手の届く範囲にアイテムが揃うので手の届く範囲におさまるのでとても効率的になりそうです。

こんなポーチを吊るしてみるのもいいかもしれません。

【購入レビュー】キャンプアウトドア雑誌【fam(ファム)2018秋】付録『ペンドルトンのロールポーチ』
待ちに待った発売日!キャンパーさん達の御用達雑誌の『fam(ファム)』!! キャンプアウトドア雑誌の『fam(ファム)』の2018年秋最新号。待ちに待った『fam Autumn Issue 2018』が9月12日に発売されました。今回の目玉付録である『ペンドルトンのロールポーチ』。早速開封レビューしてみました。

ちなみに、この吊るしているランタンはベアボーンズリビングのビーコンライトだと思うんです。

これも気になってるんですよね。

また、ランタンレッグは長いレッグと短いレッグがセットになって別売りもしています。

超ロースタイルが楽しそう

出典:DOD

テーブル高さが約30㎝と、超ロースタイルな設計になっています。

直火可能なキャンプ場かどうかは別として、この高さが焚き火の煙が当たりにくい超ロースタイルのチェアと相性がよく、焚き火の前で使うテーブルとしてちょうど良さそうですね。

このロースタイルにぴったりなチェアも発表されました!!

『TAKIBI CHAIR(タキビチェア)』は超ロースタイルなタフで無骨な焚き火特化型チェア〜DOD2018新製品
ようやくお披露目になった『TAKIBI CHAIR(タキビチェア)』。超ロースタイルなDODの焚き火チェアは名前の通り焚火が楽しめる焚き火特化型キャンプチェアがDODから登場です。ヌノイチ、テキーラ180と合わせたら最強の野営スタイルになるかもしれないアイテム。価格は?発売日は?気になるこのチェアを調べてみました。

囲炉裏テーブルに変形できる

出典:Amazon

「テキーラ180」を2つ組み合わせれば超ロースタイルな囲炉裏テーブルにすることができます。

コクピット構造に、変形までする。

無駄にワクワクします。

しかし、テキーラレッグLが圧迫感がありちょっと邪魔に感じますね。

囲炉裏テーブルにするには「テキーラレッグL」の追加購入が必要です。

2人用テーブルとして使える

出典:Amazon

個人的にはこの使い方が囲炉裏テーブルにするよりも良さそうに見えます。

天板とレッグの組み方を変えれば向かい合わせに2人用テーブルとしても使うことが可能。

これは追加パーツ不要で設置することができます。

ミニマムコンロならこの小さなテーブルでも置けそうです。

【超コンパクト】イワタニ(iwatani) ジュニアコンパクトバーナーが便利でコスパ良!
皆さんはキャンプでバーナーは使ってますか?我が家では約3年前のキャンプ開始時に購入した、イワタニ(iwatani) ジュニアコンパクトバーナーを愛用中です。このバーナー、耐久性・汎用性に優れ、何より安価に購入できるので非常にお得なアイテムなんです。愛用して見えてきたメリット・デメリットを含めてまとめてみました。

焚き火をしなくても、ロースタイルやミニマムキャンプのアイテムとしていいと思います。

価格

オープンプライス

Amazon参考税込み価格:16000円

気になる点

いらいろとワクワクさせてくれるテキーラ180ですが、そうは言いつつも気になる点はあります。

個人的感想ですが、メリットとデメリットを挙げてみました。

メリット

  • 熱い物が直接天板の上に乗せられる
  • 焚き火の上で使用が可能
  • とにかく男心をくすぐるコクピット仕様
  • マットブラック塗装が無骨

デメリット

  • 重さが8㎏超えで重い
  • 価格が高い
  • 形が円形なので、積み込みしづらい
  • 横幅88㎝とサイズ大きめ
  • 超ロースタイルな為、ファイアグリルなどの焚火台とはあわせにくい
  • ストラップベルトより収納袋を設けて欲しかった
のざ妻
のざ妻

デメリットのが多くない?

のざ長女
のざ長女

男心をくすぐるってメリット??

一番気になるのが価格。

単純計算ですが、例えば、「テキーラレッグL」が約4000円、「テキーラランタンレッグ」が約3000円で購入できることから、天板部分とストラップベルトで約9000円もすることになります。

そう考えるとちょと高いかなあと感じるんですよね。

Amazon参考価格での計算です。
また、あくまで個人的な感想ですのでご容赦ください。

まとめ

出典:DOD

いかがでしたか??

個人的に野営・ロースタイル・ソロキャンプをしてみたい願望が最近高まっているので、非常に興味をそそられるアイテム。

サイト内の整理とテーブル兼用でテキーラテーブルテキーララックを検討したりもしていましたが、ここにきてこんな超ローテーブルが発売されるとは思っていませんでした。

レッグを追加すれば組み合わせで他の使い方もできるかもしれません。

高さ30㎝とかなり低いので、腰痛持ちの自分にはかがむ姿勢がちょっと辛いこともあるかも。

しかしファミリーキャンプでメインのテーブルとして利用するには小さいですね。

これだったら、棚としても焚火でも使えるテキーラテーブルテキーララックを選ぶのもありかなあとも思います。

ただロースタイルにするだけならテキーラテーブルでもできそうなんです。

しかも囲炉裏テーブルにする為に2つ購入して、さらにテキーラレッグLも追加が必要。

単体でソロもしくは2人程度の使用がメインかなと思います。

1つでもいいお値段するんですよね。

もう少し価格が抑えられてたら買っていたと思います。

ひょっとしたらその内テーブルだけでバラ売りされるかも?

しかし、この超ロースタイルとコクピット型が個人的には欲しいなと思えたアイテム。

例えファミキャンだとしても、超ロースタイルで家族で焚き火を楽しんでみるのもいいのかなと感じてます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました