カマボコテントの【ナチュラム別注モデル】が販売中!!

【Tac. V-Tarp】Helinox(ヘリノックス)の変幻自在なドーム型シェルターに専用インナーテント登場

テント類

こんにちは!!のざる【】です。

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

2018年11月に開催された『Helinox 2019 TACTICAL TENT&TARP NEW Product 展示受注会』にてひときわ目立っていた『Tac.V-Tarp(タクティカルVタープ)』。

発売は2019年9~10月頃の予定ですが、この大型ドームシェルターに専用のインナーテントなどのオプション品が登場するそうです。

2019年8月11日時点での情報です。
スポンサーリンク

Helinox Tac.V-Tarp(ヘリノックス タクティカル Vタープ)

世界的に有名なテントポールメーカーであるDAC社が展開するブランド『Helinox』

タクティカルチェアタクティカルコットなど、キャンパーさん達にはすっかり定番のヘリノックスが展開するタクティカルサプライシリーズ。

2019年はコヨーテカラーを採用。

この『Tac.V-Tarp(タクティカルVタープ)』のサイズは、幅400cm×奥行400cm×高さ240cm程あり、約6人が過ごせるゆったりサイズ。

腰をかがまずに出入りできるので、身長の高い人でも快適に過ごす事ができます。

『Tac.V-Tarp(タクティカルVタープ)』という名称ですが、見た目は大型のドームシェルター。

最大高240cmもある大型のシェルターとなっていて、2つのフロントパネルと4つのサイドドアが装備されています。

小さい子なら、ここから入ることもできそうです。

前後のフロントパネルは、ポール等を使い大きくはねあげる事ができます。

サイドパネルの開放もあわせれば、より高い開放感と通気性が確保できる仕組みとなっています。

メッシュパネルにすることもできるので、プライベート空間を保ちつつ通気性の確保も可能。

また、フライシートの裏側の一部煮にはBlack Pigment PU Coatingが施されています。

画像のような模様が発生した場合でも、生地の不良ではないとのことです。

このBlack Pigment PU Coatingは一般のPUコーティングとは異なり、コーティング剤にBlack粉末を添加しコーティングする方法。

この施工によりUVカットの効果が得られるそうです。

通気性の確保とUVカット機能で、夏キャンプでも活躍できます。

また、テント下部の裾部分には全面にスカートが配置されているので、冬は下からの冷気の侵入を防ぐ事もでき、テント内を暖かく保つ事ができます。

2本のメインポールと2本のサイドポールで自立する構造。

片側3本ずつの計6本のペグで固定できるためペグ打ちが少なく、設営がシンプルです。

時期を選ばず1年を通して利用することのできる『Tac.V-Tarp(タクティカルVタープ)』は、開放的なタープのようにも使える、大型のドームシェルターとなっています。

タクティカル Vタープの仕様

使用時サイズW400 x D400 x H240 cm
収納時サイズW72 x D27 x H27 cm
重さ10,720g(最小重量)
11,700g(総重量)
素材フライ:75デニール リップストップポリエステル185T
(ブラックPUコーティング、耐水圧:1,500mm)・
75デニール リップストップポリエステル210T
(PUコーティング、耐水圧:1,500mm)
ポールスリーブ:
210デニールナイロンオックスフォードポリウレタン加工
(耐水圧:1,000mm)
マッドスカート:210Dナイロンポリウレタン加工
(耐水圧:1,000mm)
ポール: DAC DA17 16mmOutside Diameter ポール
付属品フライ×1、ポール×4
ペグ(-Stake30×8 J-StakeM×8)、
自在付きガイライン(3m)×4
スタッフバッグ×1、ポールバッグ×1、
ペグバッグ×1

関連 詳細な仕様や作りについてはコチラの記事もご覧ください

【新作展示会レポ】『Helinox 2019 TACTICAL TENT&TARP NEW Product』を見てきた!~先行受注予約も実施
Helinox(ヘリノックス)のタクティカルのテントやタープの2019年新型テントの展示会があったんです。キャンプ場でもなかなかお目にかかることのないHelinox(ヘリノックス)・タクティカルのテントやタープ。発売日や価格がわかるのか?気になったので見に行ってみました。

タクティカル Vタープの価格

149,040円(税込)

2019年8月11日時点での価格。予約販売が開始されています。

Tac.V-Tarp専用インナーテント(オプション品)

『Helinox 2019 TACTICAL TENT&TARP NEW Product 展示受注会』の際にスタッフさんに聞いたところ、インナーテントの発売予定はあるものの時期は未定とのことでした。

本体は未発売ですが、オプション品として専用のインナーテントも発売となります。

Tac.V-Tarp専用インナーテントの仕様

重さ約2.5kg
素材
キャノピー:70Dナイロン
(Ripstop, BR, WR )
フロア材質:70Dナイロン
(Taffeta 210T PU W/P 3,000mm)

詳細なサイズは不明ですが、画像を見る限りテント本体中央より後ろ側に設置できるように見えます。

テント本体は左右対称な作りなので、前後どちらにでも設置できるのかもしれません。

高さは低くなっているようですので、本体サイズから推測するに幅360cm×奥行き190cm×高さ150cmくらいではないかと予想しています。

Tac.V-Tarp専用インナーテントの価格

56,160円(税込み)

2019年8月11日時点での価格。予約販売が開始されています。

Tac.V-Tarp専用フットプリント(オプション品)

専用インナーテントの下に敷く事ができるであろう専用フットプリントも発売されます。

これは展示会の際には、わからなかったアイテムです。

Tac.V-Tarp専用フットプリントの仕様

重さ約650g
素材
70Dナイロン(Taffeta 210T PU W/P 3,000mm)

Tac.V-Tarp専用フットプリントの価格

17,064円(税込み)

2019年8月11日時点での価格。予約販売が開始されています。

まとめ

DAC社製のポールを採用し、シンプル設営が可能。通気性や機密性も確保し快適に過ごせる大型シェルター。

見た目も作りもとてもいい感じがしますが、気になるのはやはりこのお値段。

オプション品も含めて購入すると、20万円を超えてしまいます。

コットを使ったりカンガルースタイルでワンタッチテントを使ってみれば本体のみでも過ごせそうですが、それでも約15万円もします。

しかし、展示会の時にもひときわ目立っていた『Tac.V-Tarp』。スタッフさんに仕様などを質問し、買う気満々の方も多数いました。

高価格帯ではありますが、人気がでそうな予感がします。

予約販売も始まっていますので、購入希望の方は早めにチェックしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ヘリノックスの半額!!『FIELDOORアウトドアチェア』を徹底レビュー~コンパクトチェアはこれで決まり!!
キャンプ道具の整理・収納に欠かせないのがコンパクト・軽量化。まずはチェアのコンパクト化計画。FIELDOORコンパクトポータブルチェアを購入したのでレビューしてみました。ヘリノックスの半額以下で購入でき、軽量ながら耐荷重抜群!組み立て簡単で子供でもすぐできる!道具の軽量化には、コンパクトチェアのススメですよ!!

 

涼しい時期こそキャンプに虫対策が必要!?『モスキーランタン』は手軽に電撃殺虫できる一石二鳥アイテムなんです
知っていますか?「蚊は気温25~30度のときが一番活発。30度を超えると動きがにぶくなる」。涼しい時期こそキャンプの虫対策が必要かも。手軽に使えてお洒落で近くに置いててもに気にならないお手軽に虫対策できるギアがあったら嬉しいですよね。その希望を叶えてくれるのが、『MOSKEE LANTERN(モスキーランタン)』なんです。

 

『2019年 コールマン 製品展示・受注会』を見てきた!!~シーズンズランタン2019が先行受注できる!?
東京都昭島市にある「MORIPARK Outdoor Village(モリパーク アウトドアヴィレッジ)」にて開催された『2019年 コールマン 製品展示・受注会』を見てきたんです。ヨセミテをイメージしたオリーブ/サンドカラーの新作テントに、新作のLEDランタン。そして大注目はシーズンズランタン2019の先行受注!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました