我が家のワークマンまとめ記事はコチラCabinetでライター始めました

【ミニでも広く】ハイランダーより『エアートンネル ミーニィ』登場

テント類

こんにちは!!のざる【】です。

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

コスパ良いキャンプアイテムを展開するナチュラムのオリジナルブランドHilander(ハイランダー)より発売されているエアートンネルROOMYのミニサイズ、「エアートンネル ミーニィ」が発売されました。

フレームにはポールではなくエアーフレームを採用し、設営は空気を入れるだけの簡単さが特徴的。

ミニでも広く、エアーテントなので設営も楽々。

そんな「エアートンネル ミーニィ」をご紹介します。

あくまでも個人の感想ですのでご了承ください。
スポンサーリンク

エアートンネル ミーニィ

icon icon

巷で大人気のトンネル型2ルームテントにそっくりなHilander(ハイランダー)の人気テント「エアートンネルROOMY」のミニサイズ「エアートンネル ミーニィ」

ミニモデルですが居住空間は十分広く、2~4人で使いやすいエアートンネルテントとなっています。

「”エアートンネルROOMY”は欲しいけど大きすぎるなぁ」と感じているデュオキャンパーさんや少人数のファミリーキャンパーさんに人気のでそうなコンパクトサイズです。

エアートンネル ミーニィの仕様

icon

本体サイズ495×310×195cm
インナーテント280×230×175cm
収納サイズ75×40×35cm
重量約14kg
本体生地
190T/68Dポリエステル
(耐水圧PU2000mm)
インナー生地
185Tポリエステル
収納袋
210Dオックスフォード
付属品
ロープ(張り綱)、ペグ
ポンプ×1(シングルアクション)
キャノピー張り出し用のポールは別売となります。

エアートンネル ミーニィの特徴

この「エアートンネル ミーニィ」には、

  • ミニでも広い前室
  • エアーテントなので設営が簡単

といった特徴があります。

ミニでも広い前室

icon

前室部分は「エアートンネルROOMY」よりも約150cmほど短いサイズになっています。

icon

約150cmほど短くはなりましたが、前室の広さは240×310cmあります。

計算してみると、畳4.2枚分。およそ4畳分ほどの広さになっています。

少人数で過ごすには十分な広さではないでしょうか。

畳1枚、約0.91m×1.82m = 1.65m2で計算した場合。サイズは最大値です。

エアーテントなので設営が簡単

icon

前室のサイズが短くなったことで、エアーフレームは1本減りました。その分設営にかかる時間も短縮されます。

また、テントの重さも「エアートンネルROOMY」と比べると約6kg軽くなりました。

icon

「エアーフレームはすぐに破れそうで心配」と思われますが、0.3mmの透明チューブの外側に、さらに極厚生地を被せて保護しています。

「アウトドアデイジャパン2019東京」でROOMYを実際に触ってみましたが、思った以上に固く、通常の使用方法であれば穴が空いてしまう心配なさそうに感じました。

本体カラーは少し濃いめ

icon

遮光性や汚れが目立ってしまう観点から、「エアートンネルROOMY」よりも本体カラーが少し濃いめに変更されました。

icon

icon icon

「エアートンネルROOMY」と「エアートンネル ミーニィ」を見比べてみると、色合いが濃くなっているのがわかります。仕様に記載はありませんが、濃いベージュのタンカラーのようにも見えます。

エアーフレーム部分のスリーブのブラックカラーもあいまって、全体的に落ち着いた印象となっています。

エアートンネル ミーニィの価格

¥54,800 (税込)

エアートンネル ミーニィの発売日

2019年7月18日 12:30~予約開始

7月22日(月)より順次発送開始

カマボコテントミニと比較してみる

需要があるか分かりませんが、DODの人気テント「カマボコテントミニ タンカラー」と比較してみます。

見た目はほぼ同じ

icon icon

「エアートンネル ミーニィ」「カマボコテントミニ」もブラックカラーのスリーブに本体は濃い目のカラーで落ち着いた印象。見た目にはほぼ同じです。

最大の違いは、当然ですが「エアートンネル ミーニィ」はポールにエアーフレームを採用し、「カマボコテントミニ」はアルミポールを差し込んで設営する点です。

仕様の比較

 

icon

ミーニィカマボコテントミニ
本体サイズ495×310×195cm
250×500×175cm
インナーテント280×230×175cm
230×220×165cm
収納サイズ75×40×35cm
68×26×26cm
重量約14kg約11kg
本体生地190T/68Dポリエステル
(耐水圧PU2000mm)
150Dポリエステル
(耐水圧3000mm)
インナー生地185Tポリエステル
75Dポリエステル
収納袋210Dオックスフォード
付属品ロープ(張り綱)、ペグ
ポンプ×1(シングルアクション)
ペグ、キャリーバッグ

前室サイズの比較(最大値)

カマボコテントミニ長さ250×幅250cm(約6.2m2
ミーニィ長さ240×幅310cm(約7.5m2

居住スペースとなる前室。

カマボコテントミニとの長さの差は約10cmですが、横幅はミーニィのほうが約60cmほど長くなっています。

その分面積もミーニィのほうが広くなり、カマボコテントミニに比べゆとりができています。

横幅が広いと、荷物を置くスペースにもゆとりができ、人の通りも少し楽になるかと思われます。

重さの比較

カマボコテントミニ約11kg
ミーニィ約14kg

前室のサイズも含め、全体的にカマボコテントミニよりも「エアートンネル ミーニィ」の方がサイズは大きめ。

そのためか3kgほどの差ができています。

価格の違い

カマボコテントミニ45,900円(税込)
ミーニィ54,800円(税込)

価格差はおよそ10,000円ほどあります。

見た目はほぼ同じ。より設営が楽になり、サイズも広めなのはエアーフレームを採用した「エアートンネル ミーニィ」

反面、よりコンパクトなサイズ感で安価なテントを求めるのであれば「カマボコテントミニ」もいいかもしれません。

どちらを選ぶかは好みになりそうですが、「カマボコテントミニ タンカラー」よりも「エアートンネル ミーニィ」の方が比較的入手しやすいというメリットもありそうです。

濃い目のカラーではありませんが、ナチュラム別注モデルの「カマボコテントミニ」であれば在庫もあり、比較的入手しやすいようです。

2019年7月22日時点での情報です。

まとめ

ミニサイズと言いながらも広めで、エアーフレーム採用で設営が簡単な「エアートンネル ミーニィ」

やはりライバルとなるのは「カマボコテントミニ」だと個人的には思っています。

価格差が気になりますが、その分広く楽になると思えば「エアートンネル ミーニィ」を選んでみるのもアリかもしれません。

個人的には「カマボコテント2」を使っているので、もしコンパクトサイズとして選ぶのであれば、設営がより楽になる点を重視して「エアートンネル ミーニィ」もいいかなあと感じています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

カマボコテントミニ
DOD(ディーオーディー) カマボコテントミニ(別注モデル) ベージュ×ダークブラウン N-T3-488

 

【2019年夏】ハイランダーから"コットン/TC素材・トンネル型ミニサイズ"のテントが登場します!
こんにちは!!のざる【Follow @camp_bata】です。 本ブログにお越しいただきありがとうございます。 コスパ良いキャ...

 

【Hilander(ハイランダー)2019年新製品】エアーフレーム採用『ROOMY』は設営簡単なトンネル型2ルームテント〜たった15分で設営可能?
Hilander(ハイランダー)より新作テントが2019年1月に登場します。 その名も【ROOMY(ルーミィ)】。 空気で立ちあげる「エアーフレーム」が採用され、大型テントながらも設営が簡単。 しかもその形状は、今人気の【トンネル型2ルームテント】。 これは気になりますね。

 

【2019年春タンカラーが登場】ソロにもデュオにもちょうどいい『カマボコテントミニ』を再確認!!
ポリコットン素材を採用したカマボコテントソロTCが発売されたばかりのDOD(ドッペルギャンガーアウトドア)。 カマボコテント2が人気ですが、カマボコテントミニも負けじと欠品続きで大人気。 2019年、カマボコテント2やカマボコテントミニの再販はあるのか??ちょっと小さめサイズのカマボコテントミニを再確認してみます。

 

まさかの半額!?【アウトドアデイジャパン東京2019】気になるアイテムと買っちゃったものを公開
アウトドアデイジャパン東京2019に初参加してきました。出展ブースもかなり多く、新作アイテムも大小様々目白押し。イベント価格で安くなってるし欲しくなっちゃうから...。個人的主観ですが、今回参加してみて気になったブースや新作アイテム、さらには勢いで買っちゃったものをざっくりとまとめてみます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました