カマボコテントの【ナチュラム別注モデル】が販売中!!

【徹底解剖!スキレット×CHUMS!】BE-PAL7月号の付録が凄かった!!

いろいろレビュー
のざる
のざる
今月の付録が凄いから思わず買っちゃったよ!
のざ妻
のざ妻
スキレットついてるじゃん!!
のざ長女
のざ長女
何に使うのコレ。あっ!ペンギンかわいい!!

こんにちは!のざるです。

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

普段あまり雑誌を買わないのですが、今回はあまりにも目に焼きついてしまったので思わず購入。

徹底的に解剖してみました。

【シーズニング!】知っておきたいスキレットの使い方・お手入れ方法【楽しい?面倒?】
勢いでスキレットを入手したわけですが、噂程度でしか聞いたことのない代物。 しかし、今やスキレットといえばおしゃれキャンパーの必需品!! ここはひとつファミキャンにもおしゃれを取り入れてみようと、最初の使い方から、お手入れの方法や保管方法、はたまた疑問点まで。初心者目線で調べてみました。
スポンサーリンク

BE-PAL7月号の付録はCHUMSとのコラボ!!

出典:bepal

BE-PALは言わずと知れた、アウトドア・キャンプの専門雑誌。

その今回の付録には、まさかのスキレット。

しかも、CHUMSとのコラボ!!

出典:Amazon

2018/6/9発売

特別価格850円(税込)

実物を検証!!

開封するとこんな感じでした。

付録名は、鋳鉄製(ちゅうてつせい)スキレットmini

裏面はこのように、説明が記載してあります。

箱の大きさは、約幅13.5センチ×縦9センチ

底に有名なペンギンさんがいらっしゃいます。

 

気になるその①:重さ

実際に重さを量ってみました。

箱ごと量る:231g

スキレットのみ:207g

通常のスキレットに比べると、小さめなので軽いですね。

気になるその②:大きさ

実際に測量してみました。

直径:約8.5センチ

長さ:約15センチ

深さ:約2.5センチ

内径:約6.5センチ

取手:約5センチ

 

実際の大きさのイメージが沸くかわかりませんが、シーチキンの缶を置いてみました。

直径にはスッポリおさまりますが、底は少し浮いてました。

ツナ缶料理には向いていそうですね!

 

気になるその③:チャムスのスキレットと比較してみた

比較対象はのチャムスのスキレットはコチラ

 

 

<width=”123″ /> <width=”204″ /> <width=”164″ />

ブービースキレット5インチ鋳鉄製スキレットmini
高さ(約:cm)32.5
直径(約:cm)12.78.5
全長(約:cm)19.615
重さ(約:g)189207

 

あれ、付録の方が若干重い。

どうやら、付録のスキレットは「鋳鉄製」に対し、チャムスのスキレットは「鉄製」であるためのようです。

鉄と鋼と鋳鉄の違いは素材の中に含まれている「炭素」の量が違うだけです。三つとも、元素としては鉄であるFeと、炭素Cの合金であることは共通しています。

引用:鋼、鉄、鋳鉄はそれぞれ何が違うか

もうちょっと調べてみたら・・・

・鉄:炭素量が0.02パーセント未満

・鋳鉄:炭素量がおよそ2.14パーセントを超える

密度が濃いということでしょうか。

番外編:あると助かるスキレットグッズ

スキレットは非常に熱くなるので、持ち手のカバーは必須。ま

た、持ち運びのケースもあると便利ですね。

まとめ

小さめで手軽に扱えそうなのが良さそうですね。

スキレットはおしゃれキャンパーの必需品として重宝されていますし、今や100均やホームセンターでも取り扱いがあります。

ただ反面、お手入れがめんどくさそうというのがありまして、のざるも手を出さずにいました。

今回、チャムスのコラボでかわいくてつい勢いで購入してしまいました。

これから使い方などは勉強していきたいと思います!!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました