初めてお越し頂いた方に読んで頂きたい記事はコチラ

【開封レビュー】2019年先行販売「カマボコテント2(タン)」を購入できた~2019年新幕に興奮

いろいろレビュー
WeeklyPopularPost

こんにちは!!のざる【】です。

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

2019年3月、我が家の新幕として「カマボコテント2」を購入する事ができました。

ナチュラルな色合いの「タン」カラー

以前から妻も娘も欲しがっていたカマボコテント。まだ試し張りはできていませんが、うれしかったので開封してみた感想っていうだけのお話です。

スポンサーリンク

トンネル型テントが欲しくなっちゃった

販売開始から今もなお大人気のトンネル型テントであるDODの「カマボコテント2」。欠品続きでいつも入手困難。再販される度に速攻で売り切れてしまいますよね。

テントというか、キャンプ道具への物欲って止まらないです。なんでこうも欲しくなっちゃうんですかね。でも、一応我が家なりな理由があるんです。

アシストクリップに苦戦

大型2ルームテントにしたい!我が家もカマボコテントが欲しいと思っていましたがなかなかに購入できない。というわけで、値段も考慮し昨年2018年に購入したのはコールマンの「タフスクリーン2ルームハウス」。テントとしては快適なんですけど、設営面では妻の不満がでてきました。

出典:コールマン

アシストクリップが思ったよりも固くて手を挟みそうで怖い!!
自分もまだまだ慣れませんが、妻にとっては太いポールを曲げつつも、このアシストクリップにさしこむ作業に毎回苦労しています。テントそのものに不満はないんですけど、この設営方法がどうにも慣れない。というわけで、先日こんな会話もしてました。

ワンポールテントなどの設営簡単なテントはたくさんありますが、妻も娘も希望は大きな2ルーム。でも設営を少しは楽にしたい。じゃあトンネル型はどうだ?我が家が安易に思ったトンネル型テントの設営ポイントとして、

  • スリーブに通すポールはどれも同じなので迷わない
  • ポールの両先端をポール用グロメット(穴)に差し込むだけ

安易な発想でしょうけど、こんな仕様ならば少しは設営が楽になるかもしれない。今だにスリーブとポールの合わせが迷います。ならば思い切ってトンネル型テントにしてみようじゃないかと。これには妻も結構乗り気。

可愛らしいカマボコテントが希望だったんですけど、カマボコテントは欠品続きでなかなか買えない。

じゃあ、以前モリパークアウトドアヴィレッジで開催された『2019年 コールマン 製品展示・受注会』で見てきたコールマンの『トンネル2ルームハウスLDX』がいいんじゃない?ってことに。

関連 『2019年 コールマン 製品展示・受注会』の詳細はコチラの記事をご覧ください。

『2019年 コールマン 製品展示・受注会』を見てきた!!~シーズンズランタン2019が先行受注できる!?
東京都昭島市にある「MORIPARK Outdoor Village(モリパーク アウトドアヴィレッジ)」にて開催された『2019年 コールマン 製品展示・受注会』を見てきたんです。ヨセミテをイメージしたオリーブ/サンドカラーの新作テントに、新作のLEDランタン。そして大注目はシーズンズランタン2019の先行受注!!
Coleman(コールマン) 【限定カラー】トンネル2ルームハウス スタートパッケージ オリーブ×コヨーテ 2000033497

ただこれ、どちらもグランドシートとインナーシートのセット販売のみ。テント単体販売がない。つまり、お値段もなかなかにお高い。

それならばAmazon限定オリーブカラーの『トンネル2ルームハウスLDX』。これならテント単体販売がされているんです。

関連 コールマン(Coleman)『トンネル2ルームハウスLDX』Amazon限定オリーブカラーの特徴・仕様についてはこちらの記事をご覧ください。

【2019年版】コールマン(Coleman)『トンネル2ルームハウスLDX』Amazon限定オリーブカラーが素敵で欲しくなる!!
コールマンのAmazon限定モデル「トンネル2ルーム ハウスLDX」が2019年も注目モデルかもしれません。我が家も買い換えたくなってきました。仕様や価格の詳細をカマボコテントとの比較も含めてご紹介します。

これいいじゃん!!ってことでほぼ決定。ちょっと価格が変動していたのでしばらく様子を見ていたんです。

こんな感じで踏み切れずにオロオロしてたら・・・

めっちゃ高騰してるじゃん!!
しかも全然値下がらない。カマボコテントはネットでの再販を待つ手もありますけど、買える気がしない・・・。
もう「今年はタフスクリーン2ルームハウスで乗り切るか」と思っていたところに・・・

2019年最初の再販キタ!!しかも先行販売もあるって!!
東京都多摩市にある「京王アートマン聖蹟桜ヶ丘店」のアウトドア用品コーナーOPEN記念として、カマボコテント2を先行販売するっていうじゃないですか!!

そして運よく2019年初販売(と思われる)「カマボコテント2」を購入できちゃったんです。
しかしですね、我が家の近くには試し張りできるようなところもないし、お庭も無理。
なので、ひとまず開封してみた感想をざっくりとご紹介するっていうだけの内容なんです。

2019年先行販売「カマボコテント2/タン」

もう今すぐにでも張ってみたい!!

でもそんな場所もないし、用事もあって時間もない。用事を済ませて帰宅した夕方、ひとまずお庭で開封の儀式をやってみました。

ダンボール箱の外観

梱包パッケージの重さは約17.0kg。これ、電車で持って買えるには結構重いし箱のままだと持ち運びづらい。やっぱ車じゃないと厳しい。積載には結構場所取るね。荷物の積み方考えないといけません。

カマボコテント2の輸送用パックのままお買い上げとなったので、ダンボール箱はこんな感じ。基本的な仕様が書いてあります。

別面にも仕様の記載あり。間違いなく、「KAMABOKO TENT2(カマボコテント2) T5-489-TN」です。

「京王アートマン聖蹟桜ヶ丘店」のアウトドア用品コーナーでは、基本的には箱からだして並べてありました。見慣れない光景なんで、ちょと興奮。

ドキドキしながら開封

庭に持って行き、万が一にも中身を傷つけないように慎重に開封。

DODマークのご登場!!

これが我が家初のDODアイテム。本体だけの重さなら約16.0kg。有名なDODのロゴがバッチリ出迎えてくれました。ウサギ?なのかなあ。そしてこっちが表側?

裏側?バッチリと「KAMABOKO」の文字があります。これ、「2」とは書いてないんですね。

収納袋はバックルとベルトでのコンプレッション機能があるので、ちょっとだけコンパクトになります。

ベルトを緩めると、結構ワイドな収納袋。

ファスナーはダブルファスナーではない。これはちょっと残念。

ワクワクしながら開けてみます。結構ばっくりと開きます。これだけ広がれば収納しやすいですね。

新幕デビューって、いつもドキドキするもんです。

うんうん、フライシートはバッチリタンカラー。

中身もベルトでコンプレッションされた状態で登場。このベルトは特に本体にはくっついてません。ベルトが付属しているといった感じです。少し収納も小さくなるのでありがたい。

心配なのは、このベルトをなくしそう。

狭い庭なので、全てを広げる事は不可。ひとまずベルトを外してざっくりとひろげてみた感じです。

本体にロープは設置済みみたい。

ロゴの位置や大きさを確認したいとも思ったんですけど、下手に広げて片付けられなくなったら困るので、張るまで我慢。

取り扱い説明書。

製造ロット番号は050718。

そして、付属品の内容を確認。

あれ?リペアシートは付属していないの?
というのも、こんなお知らせが公式サイトにあったんです。

テントリペアシート付属

テントに穴が空いたり、破けたときのための補修用シートが付属します。
※2019年4月当社出荷分より

引用:公式サイト

4月出荷分からと記載はあります。でも、今回は先行販売だというので、てっきりこの再販お知らせ分の先行販売かと思ってたんです。

▼発売開始日
発売開始日:2019年4月4日(木)
発売開始時間:昼12:30

▼注意事項
※今回の出荷分より、下記仕様変更がございますのでご注意ください。
・テントリペアシート付属
・テントのロゴサイズ変更(横幅23cm→15cm)

でも、リペアシートが付属していないということは・・・従来仕様のカマボコテント2が2019年4月4日(木)の再販に先駆けて販売されたってことかな??

ちょっと残念な感じもしますけど・・・まあいっか!!

付属品

ペグの数は27本。これ全部打つのはちょっと大変。

蓄光ネイルペグなので夜間には光ってくれるかな?

ポールは4本。元々輪ゴムでまとまってなかったので自分でまとめました。

まとめとかないと取り出す際に絡まっててとりだしにくくなるんですよね。

先代テントとの比較

今回のカマボコテントで我が家は3代目。

初代は「スノーピーク(snow peak)  アメニティドームM」

2代目は「コールマン(Coleman) テント タフスクリーン2ルームハウス」

そして新たに仲間に加わったカマボコテント2を含めて並べてみました。

アメニティドームMは明らかに小さいし軽いので、このタフスクリーン2ルームハウスとカマボコテント2を並べてみたんです。

ほぼ同じ大きさ!!

持った感じの重さもほぼ同じ。収納サイズもほぼ同じ。でも、仕様によると使用時サイズはカマボコテント2のほうが大きいんですよね。

もうね、アメニティドームがめっちゃ軽く感じます。

そして我が家はこれで3幕目。さて、先代のテント達をどうしようかなあ。

チョット前にアメニティドームをどうするか考えた事があります。

関連 使わなくなったキャンプ道具ってどうする?『アメニティドーム』をどうしようかモヤモヤしているお話

使わなくなったキャンプ道具ってどうする?『アメニティドーム』をどうしようかモヤモヤしているお話
使わなくなったキャンプ道具ってどうしてます?買ったけど全然使わなかった、もしくは新しいものに買い換えたなど理由は様々。我が家でも押入れ行きになってしまったアメニティドームをどうしたものかと、モヤモヤしている最中です。そんな使わなくなったキャンプ道具ってどうすればいいのか考えてみたお話です。

結局3幕目を購入してしまったわけです。今考えてみると、今年の予定では結構狭い区画のキャンプ場でのキャンプ予定あり。ここはタフスクリーンもカマボコもおそらく入らない。そういう狭い区画用にもアメニティは持っておくべきかな。高さが低いので腰痛に気をつけないといけません。

来月予定しているキャンプ場。ここは区画によってはカマボコが入らないかも・・・。試してみないとわからないんですけど、アメニティドームではなくとりあえずタフスクリーンとカマボコ両方持って行くかなと妻と相談。

しばらくは、この3幕の使い分けになるかも。タフスクリーンの出番が少なくなれば、どうするか考えないとね。

まとめ

いかがでしたか??

なんだかレビューになってるようなないような。ただただ買えてうれしかったっていうだけのざっくりした内容でした。

いやあ、早く立てたい!!いつ設営できるかなあ。

関連 初設営のレポはこちらの記事をご覧ください

【シンプル設営はダテじゃない】カマボコテント2タンカラーを初めて張ってみたら楽しかった
カマボコテント2(タンカラー)を引っさげて、2019年我が家の初キャンプ。試し張りできていないのでぶっつけ本番。本当にシンプル設営なのか、ちゃんと張れるのか結構不安。そんな我が家のカマボコ設営をざっくりとご紹介します。
カマボコテント2使用レビュー【ファミカマキャン】家族キャンプにオススメできるいいテント!
2019年、初キャンプにてカマボコテント2を早速使ってみました。これで我が家は3つ目のテント。個人的に気に入った点やちょっと微妙??と思った点をざっくりとですがまとめてみます。家族キャンパーさんには本当にオススメできるテントですよ!!ちょっとでも参考になれば幸いです。
【DOD10周年記念アイテム】300張り限定!コンパクトで軽量な『カマボコテントミニUL』が抽選販売される!!情報まとめ
2018年も大人気のカマボコテント。この夏、DODがブランド創設10周年記念アイテムとしてラインナップした『カマボコテントミニUL』。軽量かつ丈夫な登山用生地を用いた特別仕様のカマボコテント。ただ、Webでも記載のあるように数量限定販売の為、抽選販売となります。 先着順ではないのでご安心を。そこで販売方法と概要をまとめてみました。
【本当に!?】Amazonベーシック×テント×コスパ【こいつはすごい!!】
Amazonベーシック(Amazon Basics)で驚愕のキャンプ用テントを発見!果たしてそのお値段は?そして機能は?セール中はもっと安い?皆さんはAmazonベーシックを知ってますか?テントを販売しているとの情報が。早速調べてみると、そこにはすごい答えが待っていました。
【ZANE ARTS / ゼインアーツ】2019年新登場の国産アウトドアブランドのテント・タープがカッコイイ!!
2019年に新アウトドアブランドのキャンプギアが発売されます。 そのアウトドアブランド名は、ZANE ARTS / ゼインアーツ。 北アルプスの玄関口である「長野県松本市」で誕生した国産アウトドアブランドであるZANE ARTS。2019年の4月上旬発売予定のテント・シェルター・タープをご紹介します。
【Hilander(ハイランダー)2019年新製品】エアーフレーム採用『ROOMY』は設営簡単なトンネル型2ルームテント〜たった15分で設営可能?
Hilander(ハイランダー)より新作テントが2019年1月に登場します。 その名も【ROOMY(ルーミィ)】。 空気で立ちあげる「エアーフレーム」が採用され、大型テントながらも設営が簡単。 しかもその形状は、今人気の【トンネル型2ルームテント】。 これは気になりますね。
【オススメする3つの理由】キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)『EVAフォームマット』を最初に使うインナーマットに選んでみませんか??
みなさんはテントの中にマットは引いてますか?どんなに地面が整備されたキャンプ場でも、テント内の就寝用マットは必需品。マットがあるのとないのとでは大違いなんです。 我が家が利用している【キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) EVAフォームマット】をざっくりとご紹介します。

オススメ情報

【令和初の特大セール】2019年7月夏『ナチュラム祭り』開催!!2019年7月3日(水)18:00 スタート!

icon icon

Amazon【ちょっとお得】に買い物ができる方法

 

・キャンプに役立つ無印良品アイテム【ちょっとお得】に手に入るかも。クーポンもチェック  してみませんか??

 

・アウトドア向けのブランドブックを探すなら【7net】が便利。セブンイレブンで受け取れば送料無料!!


ランキング参加中です
よかったらポチっと押して頂けると喜びます
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


いろいろレビュー
スポンサーリンク
「いいね」を押して【のざるん’ち】の更新情報を受け取りませんか??
1度お試しくださいませ
\ちょっと気になったらシェアしません?/
のざるをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました