我が家のワークマンまとめ記事はコチラCabinetでライター始めました

【Hilander(ハイランダー)2019年新製品】『ワンポールテント』&『ヘキサゴンタープ』が登場~ウッドシリーズと相性抜群なキャンプコーデが楽しめる

テント類

こんにちは!!のざる【】です。

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

Hilander(ハイランダー)2019年新製品として話題のエアーフレームを採用した新作テント「ROOMY(ルーミィ)」

その「ROOMY(ルーミィ)」は、今もなお根強い人気な2ルームタイプのトンネル型テント。

そんな大型テントに対して、同日に発売される新製品はシンプルなワンポールタイプな『ワンポールテント300』・『ワンポールテントBIG420』。

更には大型タープの『ヘキサゴンタープ』。

気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

Hilander『ワンポールテント300』

出典:公式ブログ

『ワンポールテント300』は、収容可能人数を2~3人とするシンプルなワンポールテント。

エアーフレーム構造だったりワンタッチタイプだったりと特殊構造は特にない「ベーシック」なワンポールテント。

「ワンポール」なので、ポールはもちろん1本なので収納もコンパクト。

インナーテントのサイズは300×300㎝と、大きすぎず小さすぎずの丁度いいサイズ感であり、内部の高さも最大240㎝あるので、圧迫感は感じにくい作り。

ソロキャンなら荷物を幕内におさめられ、デュオキャンならばコットを並べてもゆったりと使えそうなサイズ。

お子さん2人であれば4人家族でも大丈夫です

引用:公式ブログ

確かに、インナーサイズが「300×300㎝」であれば我が家のような子供2人の4人家族でも十分なスペースがあります。

実際に、スノーピークのアメニティドームMのインナーサイズは「270×270㎝」で、我が家4人が寝てもまだまだスペースに余裕がありました。

しかし、アメニティドームのインナーは正方形。対してワンポールテントは八角形。サイズとしては大きくとも、端っこの人はちょっと窮屈になりそう。ポールを挟んで真ん中に大人2人が寝て、左右に身長の低い子供が寝るといった配置になるんでしょうね。

出典:公式ブログ

テント本体の外観は落ち着いた色合い。

ウッドロールトップテーブルなどHilanderのウッドシリーズと組み合わせて使えば、シンプルでお洒落なキャンプコーデが楽しめそう。

写真のように木製のキャンプアイテムでまとめられれば、素敵なキャンプができます。

我が家は木製のキャンプアイテムを持っていないので、こういった統一感溢れるナチュラルなキャンプコーデには憧れちゃいますね。

【送料無料】Hilander(ハイランダー) ウッドフレームチェア2(WOOD FRAME CHAIR)【お得な2点セット】 2脚セット カーキ(コットン生地) HCA0182【あす楽対応】

仕様

出典:公式ブログ

サイズ
テント本体直径約330×330×H270cm
(インナー高さ約240cm)
インナーテント約300×300×H240cm
収納時約22×22×74cm
重さ約7kg
素材
フライシート75Dポリエステル(耐水圧1500mm)
インナーシート68Dポリエステル
フロアシートポリエステルオックス(耐水圧3000mm)
ポール直径25mmスチールポール
付属品
自在ロープ×8本
ABSペグ16本
その他ハンマー、収納ケース

価格

税込 19800円

発売日

2019年1月30日(水)

お昼12:30より販売開始

Hilander『ワンポールテントBIG420』

出典:公式ブログ

もうひとつのテント新製品は、『ワンポールテント300』よりも大きいサイズである『ワンポールテントBIG420』。

収容対応人数が4~5人であり、こちらの方がよりファミキャン向けなサイズのワンポールテント。

インナーテントサイズは420×420㎝とかなり大きく、このサイズなら4人家族でも十分に利用できます。

室内が広いので、エアーベッドを活用すればちょっとしたグランピング気分を味わえると思いますよ。

Hilander(ハイランダー) キャンプ用エアベッド S HCA2015

出典:公式ブログ

ワンポールテントながらも、入り口ドア部分を全開にしてポールを使用すればちょっとしたタープスペースを作ることが可能となっているのが特徴的。これにより、テント内部への雨や日差しの浸入を軽減できるようになっています。

見た目と仕様がDODの「ビッグワンポールテント」やキャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) の「オクタゴン」と似ていますね。

DODの「ビッグワンポールテント」のインナーテントサイズは460×460㎝。また、キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 「オクタゴン」のインナーテントサイズ450×420㎝とほぼほぼ同サイズ。

その差は約40㎝なのでほぼ同じサイズ感ですが、この差があるのとないのとでは、違いが大きいかもしれません。

さらには専用のグランドシートも標準で付属。そのグランドシートをあわせて使えばペグダウンの位置がわかりやすくなり設営しやすくなるそうです。

『ワンポールテント300』には張り出しの機能はついていません。

仕様

出典:公式ブログ

サイズ
テント本体約450×450×300cm
インナーテント約420×420×300cm
収納時約25×25×74cm
重さ約11kg
素材
フライシート75Dポリエステル(耐水圧1500mm)
インナーシート68Dポリエステル
フロアシート210Dポリエステルオックス(耐水圧3000mm)
ポール直径32mmスチールポール
付属品
自在ロープ×8本
ABSペグ16本
その他ハンマー、収納ケース

価格

  • グランドシートセット 税込30800円
  • テント単体 税込29800円
グランドシート単体は税込3980円の為、セットで購入すると2000円お得!!

発売日

2019年1月30日(水)

お昼12:30より販売開始

Hilander(ハイランダー) ワンポールテントBIG420 専用グランドシート付き HCA2020HCA2022
Hilander(ハイランダー) ワンポールテントBIG420 HCA2020

Hilander『ヘキサゴンタープ440』

出典:公式ブログ

Hilander『ヘキサゴンタープ440』は、全長440cmの大型サイズのタープであり、5~6人で使うことが可能。

出典:公式ブログ

また、前述のワンポールテントやROOMYと同一カラーなので、組み合わせて使えば統一感がでていい感じになります。

Hilander(ハイランダー) ウッドフレームチェア2(WOOD FRAME CHAIR)【お得な2点セット】 2脚セット アイボリー(コットン生地) HCA0180
【送料無料】Hilander(ハイランダー) ウッドフレーム リラックスチェア M HCA0202【あす楽対応】

仕様

本体サイズ約440×435×H230cm
収納サイズ約14×14×65cm
重さ約3.5kg
本体材質75DポリエステルUV(耐水圧1500mm)
ポール材質直径19mmスチール
付属品メインポール×2本
自在付ロープ(5m)×4本
(3m)×4本
ピンペグ×8本
ハンマー×1個
収納ケース

価格

税込 7980円

発売日

2019年1月30日(水)

お昼12:30より販売開始

Hilander『テントグランドシートサークル420』

出典:公式ブログ

Hilander『ヘキサゴンタープ440』に付属のグランドシートである『テントグランドシートサークル420』は、単体販売もされる予定。

素材には頑丈な素材である「PE」を採用。

この「PE」は、エアーフレームテント『ROOMY』のフレーム部分のカバーにも採用されている固めの素材です。

グランドシートはHilanderのワンポールテント専用の設計ですが、サイズや形が近ければ他社のワンポールテントにも使うことができるそうです。

仕様

素材PE
本体サイズ約405×405cm
収納サイズ約30×45×10cm
重さ約1.9kg
付属品収納ケース

価格

税込 3980円

発売日

2019年1月30日(水)

お昼12:30より販売開始

Hilander(ハイランダー) テントグランドシートサークル420 HCA2022

まとめ

View this post on Instagram

ハイランダーさん(@hilander_official)がシェアした投稿

いかがでしたか??

ROOMYは特殊なエアーフレーム構造を採用していますが、ワンポールテントには特殊構造はなく、いたってシンプル構造なベーシックテント。

とはいえ、落ち着いたカラーリングと、他アイテムとの統一感が生み出せるお洒落な雰囲気が漂います。

付属品や収納サイズ・重さなどまだまだ詳細が不明な点もありますが、2019年もハイランダーのアイテムは要チェックですね。

また、2019年 4月6日(土)・7日(日) 10:00~17:0に代々木公園イベント広場&けやき並木で開催予定の「アウトドアデイジャパン 東京 2019」でROOMYを展示する予定とのことなので、もしかするとこのワンポールテントやタープも展示されるかもしれませんね。

 

公式 ナチュラム 楽天市場支店でキャンプアイテムをチェックできます

公式 ハイランダー公式ブログをチェックしてみませんか?

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

「DOD」と「キャプテンスタッグ」と「ハイランダー」‼︎見た目が似ている【ワンポールテント】3種類を比較してみる
ハイランダー2019年新作のワンポールタイプ『ワンポールテントBIG420』。 ワンポールテントは数知れずありますが、その中でも有名なDODの「BIG ONE POLE TENT(ビッグワンポールテント)」と、キャプテンスタッグの「CSクラシックス ワンポールテント オクタゴン460UV」を比べてみました。

 

【Hilander(ハイランダー)2019年新製品】エアーフレーム採用『ROOMY』は設営簡単なトンネル型2ルームテント〜たった15分で設営可能?
Hilander(ハイランダー)より新作テントが2019年1月に登場します。 その名も【ROOMY(ルーミィ)】。 空気で立ちあげる「エアーフレーム」が採用され、大型テントながらも設営が簡単。 しかもその形状は、今人気の【トンネル型2ルームテント】。 これは気になりますね。

 

【ZANE ARTS / ゼインアーツ】2019年新登場の国産アウトドアブランドのテント・タープがカッコイイ!!
2019年に新アウトドアブランドのキャンプギアが発売されます。 そのアウトドアブランド名は、ZANE ARTS / ゼインアーツ。 北アルプスの玄関口である「長野県松本市」で誕生した国産アウトドアブランドであるZANE ARTS。2019年の4月上旬発売予定のテント・シェルター・タープをご紹介します。

 

【DOD2019新製品】レンコンテントはテント内で焚火ができる冬キャンプ向けなワンポールテント~おかずシリーズ続々登場
DODより2019年発売予定の新作テントが発表されました。 カマボコ・タケノコ・キノコと続く、通称「おかずシリーズ」と言われるシリーズの最新作。 テントが穴だらけで、幕内で焚き火ができるようになっている冬仕様のワンポールテント。 その名も「レンコンテント」の登場です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました