カマボコテントの【ナチュラム別注モデル】が販売中!!

2019年版【100均キャンプ】Seria(セリア)で見つけたLEDヘッドライトがとっても役立つ~明るすぎて直視注意!

いろいろレビュー

こんにちは!!のざる【】です。

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

ヘッドライトを装備すると、なんだかキャンプレベルが上がった気がしませんか?でも、キャンプを始めた頃は特にいらないかなぁなんて思ってなかなか購入しなかったアイテムなんです。

そんな我が家が利用しているのは、100均キャンプでおなじみのSeriaさんで購入してきたヘッドライト。チープさは否めませんが、持っていて損のないアイテム。

今や100円で手軽にヘッドライトが購入できる時代なんですね

我が家の使用感ですが、レポをどうぞ(^ ^)

あくまでも個人の感想ですのでご了承ください。
スポンサーリンク

Seria(セリア)で購入した「LEDヘッドライト」

のざる
のざる
夜のキャンプ場は暗いからランタンって必須だよね。
のざ妻
のざ妻
でも、トイレや炊事場に行く時にランタンを手に持っていたら手が塞がっちゃうもんね。
のざる
のざる
だから買ってみようよヘッドライト。しかも108円!
のざ妻
のざ妻
Seria(セリア)さんありがとう!!
なんて夫婦の会話もありつつ購入してきたSeriaのLEDヘッドライト。お値段はもちろん税込108円。そんなSeriaのヘッドライトをレポしていきます。

「LEDヘッドライト」仕様

本体サイズ約70×60×58mm
セット内容本体・ゴムベルト
本体素材ポリプロピレン
レンズ部分素材ポリスチレン
クッションパッド素材EVA樹脂
スイッチボタン素材塩化ビニル樹脂
ゴムベルトポリエステル
ベルトクリップABS樹脂
その他LED数×1
連続点灯時間9時間
電源単四電池3本使用
仕様は2019年版のパッケージを参照

Seriaでひとつ108円!!「LEDヘッドライト」

見た目のチープ感はあるけど108円なら十分!

手の平サイズのLEDヘッドライト。作りはプラスチックのような感じなので、全体的にチープ感が否めません。

2018年に購入した際のカラーはブラックとレッドの2色。2019年もこのカラー展開は変わっていないようです。

2019年6月、追加で2個購入しました。今までは子供2人の分があればいいかなあと思って使っていましたが、やはり人数分あったほうがなにかと便利なので追加。

手前2つが2019年版です。

この2019年版、よく見てみると本体の質感が2018年購入のものと違う事に気づきました。

左が2019年版。右が2018年版。

テカテカツルツルしていない!!

写真では伝わりづらいかもしれませんが、2019年版は質感がマットというかテカっていないんです。気にするほどの仕様ではないんでしょうけど、そんな違いがありました。

その他の仕様は特に変わっていないようです。

クッションパッドとゴムベルト

本体背面には、額にあてるクッションパッドとゴムベルトがついています。

ゴムベルトの長さは調節可能。頭のでかい自分でも取り付けできましたが、結構薄くてペラペラ。頭のデカイ自分が装着し続けていたら本体よりもこちらが先にダメになってしまいそうです。

また、しっかりしたゴムベルトでもないので着けて動いていると結構ずれます。その為、自分は頭よりも首からぶら下げていることのほうが多いかも。

取り外しは簡単にできるので、ベルトは自分で好きな物に交換するのもいいかもしれません。

ベルトの長さは結構長いので、首からぶら下げて使うのもいいですね。実際自分はぶら下げて使う事が多いです。

額にあたる部分のEVA樹脂のクッションパッド。めっちゃ柔らかいわけではなく薄めですが、頭につけても痛くはありません。

つるつるしているわけでもありませんが、滑り止めのようにずれにくくなるような感じはあまりありません。

このあたりは108円といったところです。

電源は単4電池が3本必要

このクッションパッド部分は、最大180°開きます。

本体裏側、クッションパッドを開いたところに電池フタがついています。上部のネジを外さないと開けられない仕組み。

レッドカラーだとこんな感じ。

ドライバーで開けていきます。

こちらも108円で購入した精密ドライバーセット。いちばん左のプラスドライバーで開けました。「#1」というのはサイズでしょうか。

ネジはこんなに小さいものです。

フタをあけると、電池をいれる部分。

電源には、単四電池3本使用します。

電池フタを毎回ネジで開けるのは正直面倒です。ネジでしめなくてもフタはちゃんとしまります。なので、ズボラな我が家はネジを外して使っています。今のところはフタが外れた事はありません。

どのくらいの重さ?

自宅の量りで重さを計測。本体と電池3本を含めて約81gとかなり軽量。これだけ軽ければ子供に着けても負担は少ないと思います。

ライトは角度の調整が可能

では実際に装着してみます。今回は次女に着けてもらいました。

普通に着けるとこんな感じ。ちょっと上向きですね。

角度の調節ができるので、こんな感じにすれば足元を照らすことができます。夜のキャンプ場では足元が危ないので助かりますね。

ちょっと引いて、全体的。実際の角度の調整はこんな感じ。

柔らかすぎず固すぎずなので、使っていて角度がコロコロ変わることはありませんでした。

明るさや使用感をレポしてみる

電源ボタンは、本体上部にあります。結構固めなので、しっかり押し込まないとライトはつきません。押したときにはカチっと音が鳴ります。

まずは、真っ暗な部屋の中で試してみます。

電池が新品ということもありますが、かなりの明るさです。これで108円ならば必要十分な光量だと思います。

続いて、キャンプ場ではどんな感じか。

こちらも次女が着けてみました。真っ暗の中でも十分明るい事がわかりますでしょうか。

明るすぎて直視は危険かも!

このヘッドライト、暖色ではなく白色の灯りなのでかなりまぶしいんです。仕様の注意書きにも「光を直視しないように」とありました。

新品の電池を入れたときはかなり明るいので、頭につけてまっすぐ向いてしまうと、すれ違う人や他サイトにかなりまぶしい光があたってしまうんです。

車のハイビームのような状態ですね。

なので、我が家が利用する際は必ず角度をつけたり首からぶら下げたりするようにし、光が足元に向くよう注意しています。

Seriaで購入できるケースが収納にピッタリ

LEDヘッドライトをそのまま収納するのもなんなんで、Seriaで購入できるケースを用意。

ケースの大きさは若干違います。

両ケースに、ヘッドライトを2個ずつ。さらには電池も一緒に収納が可能。これなら収納ボックス内でバラバラになることもないので、結構オススメです。

【Seriaで買ってきた】キャンプで使えそうなグッズ3選~燻製用ダンボールや簡易バケツも108円で揃っちゃう
こんにちは!!のざる【Follow @camp_bata】です。 本ブログにお越しいただきありがとうございます。 久しぶりにSe...

まとめ

全体的にオモチャ感がありますが、税込108円という価格を考えれば必要十分な性能だと思います。非常にシンプルな外観なので、自分でステッカーを貼ったりしてデコッてもいいと思います。

このヘッドライトは、

  • とりあえずヘッドライトを使ってみたい。
  • 手元や足元が見えればよい

といった、我が家のようにこんな使い方で十分だというのであればオススメできます。

逆に、「しっかりしたものが欲しい」・「頭にしっかりと固定できるタイプがいい」・「点滅機能などが欲しい」といった方にはオススメできません。

そういった場合は、きちんとしたものを購入することをオススメします。

公式 Amazon「ヘッドライト売れ筋ランキング」はコチラ

しかし、108円ならば壊れても諦めもつきやすいですし、買い足しも遠慮なくできます。また、キャンプだけでなく夜のお散歩や災害時などにも活躍できそうです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【火起こしキットに初挑戦!】毛呂山町ゆずの里オートキャンプ場でお花見キャンプ
埼玉県毛呂山町にある「ゆずの里オートキャンプ場」でお花見キャンプしてきました。テーブル忘れるわ、ペグハンマーは吹っ飛ぶわ、ホタテが軽いトラウマになるわで、なかなかにイベント盛りだくさん。そんな我が家のキャンプレポ、よかったら読んで下さい(≧∀≦)
【こんなに少なくて平気??】キャンプ道具を厳選しすぎて大失敗のファミリーキャンプ~テーブルとチェアは必須だよ
こんにちは!!のざる【Follow @camp_bata】です。 本ブログにお越しいただきありがとうございます。 キャンプ道具が...
【10000mAhバッテリー内蔵】初心者にもオススメなLED充電式ランタンはいくつ持っていても便利!?
こんにちは!!のざる【Follow @camp_bata】です。 本ブログにお越しいただきありがとうございます。 Amazonで...
【fam Summer Issue 2019】キャンプアウトドア雑誌『fam(ファム)2019夏号』発売決定!!~付録はL.L.Beanコラボアイテム
↓購入レポ書きました!↓ こんにちは!!のざる【Follow @camp_bata】です。 本ブログにお越し...

コメント

タイトルとURLをコピーしました