ワークマン公式オンラインストアはコチラ歳末大セール ナチュラム祭りはコチラ 12/26(水)まで!!

「DOD」と「キャプテンスタッグ」と「ハイランダー」‼︎見た目が似ている【ワンポールテント】3種類を比較してみる

テント類
Processed with MOLDIV

こんにちは!!のざる【】です。

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

Hilander(ハイランダー)2019年新製品のROOMY。エアーフレームを採用した新作テントは、今もなお根強い人気な2ルームタイプのトンネル型テント。

そんな大型テントに対して、同日に発売されたシンプルなワンポールタイプの『ワンポールテントBIG420』。

ハイランダー以外にも、設営簡単なワンポールテントは数知れずあります。その中でも有名なDODの「BIG ONE POLE TENT(ビッグワンポールテント)」と、キャプテンスタッグの「CSクラシックスワンポールテントオクタゴン460UV」のサイズ感や仕様を比べてみました。

比較してみたところで何かあるわけでもないんですが、ちょっとでも選ぶ参考にでもなれば幸いです。

スポンサーリンク

Hilander(ハイランダー)『ワンポールテントBIG420』

出典:公式ブログ

2019年1月30日に発売されたばかりのHilander新製品「ワンポールテントBIG420」。

同時発売のエアーフレーム採用のROOMYに比べると、特に目立った特長がないシンプルベーシックなワンポールテントではありますが、専用グランドシートとセットで購入すれば、ちょっとお得になるというメリットがあります(笑)

仕様

出典:公式ブログ

サイズ
テント本体約450×450×300cm
インナーテント約420×420×300cm
収納時約25×25×74cm
重さ約11kg
素材
フライシート75Dポリエステル(耐水圧1500mm)
インナーシート68Dポリエステル
フロアシート210Dポリエステルオックス(耐水圧3000mm)
ポール直径32mmスチールポール
付属品
自在ロープ×8本
ABSペグ16本
その他ハンマー、収納ケース

価格

  • グランドシートセット 税込30800円
  • テント単体 税込29800円
2019年2月1日時点でのナチュラム販売価格です。
Hilander(ハイランダー) ワンポールテントBIG420 専用グランドシート付き HCA2020HCA2022
Hilander(ハイランダー) ワンポールテントBIG420 HCA2020

DOD「BIG ONE POLE TENT(ビッグワンポールテント)」

出典:Amazon

様々な新アイテムで2019年も注目のDODが展開する、8人用ワンポールテント。

ナチュラルなカラーとDODのロゴが目を引く大型のワンポールテントです。

中心のポールには「折りたたみ式ポール」を採用。

折りたたみ時には長さがわずか55cmとなり、収納がコンパクトになるメリットがあります。

また、ワンポールテントとしてはめずらしく、出入口を前後2ヶ所に配置し出入りしやすいような作りになっているのが特徴的です。

仕様

出典:Amazon

サイズ
テント本体約460×460×300cm
インナーテント約410×360×300cm
収納時直径24×長さ62cm
重さ約10.6kg
最低耐水圧フライシート:2000mm
フロア:3000mm
材質生地:150Dポリエステル
ポール:スチール
付属品アルミ製Y型
ペグロープ
キャリーバッグ

価格

税込 25,207円

2019年2月1日時点でのAmazon販売価格です。

キャプテンスタッグ「CSクラシックスワンポールテント オクタゴン460UV」

出典:Amazon

キャプテンスタッグが販売するワンポールテント「CSクラシックスワンポールテント オクタゴン460UV」。

丈夫なスチール製ポールを1本使用し、4箇所にベンチレーションを装備したシンプルで設営簡単なワンポールテントとして人気があります。

仕様

出典:公式サイト

サイズ
テント本体約460×460×300cm
インナーテント約450×420×300cm
収納時約23×23×74cm
重さ約11.5kg
素材
テント本体ポリエステルリップストップ210T
(PU2,000mm)
インナーテントウォール=ポリエステル185T(通気性撥水加工)
メッシュ=ポリエステルノーシームメッシュ
フロア=ポリエステルOXF210D( PU3,000mm)
付属品ひさし用ポール2本
ガイドロープ(長)8本・(短)2本
ペグ18本、ハンマー1本
ポール用収納袋1枚
ペグ用収納袋1枚
キャリーバッグ1枚

価格

税込 27,547円

2019年2月1日時点でのAmazon販売価格です。

「ワンポールテントBIG420」、「ビッグワンポールテント」、「オクタゴン」を比較してみる

並べてみると、どれもこれも同じように見えてくるこの3種類のワンポールテントの仕様を比較してみました。

メーカーHilanderDODキャプテンスタッグ
アイテム名ワンポールテントBIG420ビッグワンポールテントオクタゴン460UV
サイズ
テント本体約450×450×300cm約460×460×300cm約460×460×300cm
インナーテント約420×420×300cm約410×360×300cm約450×420×300cm
収納時約25×25×74cm直径24×長さ62cm約23×23×74cm
重さ約11kg約10.6kg約11.5kg
素材テント本体75Dポリエステル
(耐水圧1500mm)
150Dポリエステル
(耐水圧2000mm)
ポリエステルリップストップ210T
(耐水圧2000mm)
価格29800円(本体のみ)
30800円(グランドシート付)※1
25207円※227547円※2

サイズ感

テント本体の大きさはどれもほぼ同じサイズ感。高さが300㎝と、かなりの高さがあります。

ワンポールテントのデメリットとして、形が三角形なのでどうしても壁面側の高さがなく窮屈に感じやすくなりがち。なので、中心の高さがあればその分側面のデッドスペースが少なくなります。この3種類のテントはどれも300㎝の高さを持っているので、居住空間が広くなりますね。

高さは同じでも、インナーテントのフロアのサイズに若干の違いがあります。

フロアの形はどれも同じ八角形ではありますが、仕様によるとDODが一番狭くて360㎝、オクタゴンは奥行き420㎝ですが横幅は450㎝と一番大きくなっています。最大収容人数はどちらも最大8人としていますが、スペックの図の通り8人も入ったら相当狭くなります。

対して、ハイランダーは420×420㎝と正方形のように同じ長さであり4~5人の収容人数を想定。DOD・キャプテンスタッグよりも約40㎝程短い部分もあり、その差が収容人数の違いに繋がっているものと思われます。

とは言え、子連れ家族でのキャンプならば、十分な広さが確保できますね。

そのほか、収納サイズや重さはほぼ同じ。

素材

本体素材は、DODが一番厚みのある150Dポリエステル(耐水圧2000mm)となっており、他2つは比べて少し薄め。ただ、キャプテンスタッグはポリエステルリップストップ210T(タフタ)となっている為、素材は薄くなっていますね。どのテントも、今流行りのポリコットン素材は使っていません。その分軽くなり、なおかつ価格も抑えられているんだと思います。

価格

価格面では大きな差は見受けられません。ただ、発売されたばかりの「ワンポールテントBIG420」は専用グランドシート付きで30800円とお得感を感じる価格。テント単体ならば29800円、グランドシート単体なら3800円なので、セット購入すればグランドシートは1000円で購入できる計算になります。

オクタゴンにはそもそも専用グランドシートはありません。

DODのビッグワンポールテントは別売りで専用グランドシートはあるものの、約7000円するので合計すると割高になってしまいます。

もちろん専用のグランドシートでなくともいいんですが、形がピッタリ合うしペグ打ちしやすいようにガイドが設けてあったりと、設営がより便利になるというメリットがありますね。

※1 2019年2月1日時点でのナチュラム販売価格です。
※2 2019年2月1日時点でのAmazon販売価格です。

まとめ

いかがでしたか??

サイズを比較してみましたが、そもそもどのワンポールテントにも言える共通点として、

  • 中が広い
  • 設営が簡単
  • 価格が安い

というメリットがあるということ。

内部が広いので荷物も収納できますし、これだけの大きさで約3万円で購入できるのはイイのではないでしょうか。

設営が簡単という点においては、テント設営時間短縮につながりキャンプの時間を有効に使えるという大きなメリットになるかと思います。

特に小さな子連れキャンパーさんだったり、夏場のキャンプ時の時間短縮はありがたいですよね。

ただし2ルームテントなどに比べると前室がない為、雨風が非常に吹き込みやすいというのがデメリット。いくらドアパネルをポールで跳ね上げたとしてもタープ代わりとして使うには無理があるようです。

細かく見てみると材質が異なる部分はあるものの、見た目も形もサイズ感もほぼ同じなので、一概に「コレが一番いい!!」とも言えません。

最終的には、好みで選んでみてもいいのではないでしょうか。

個人的には、専用グランドシートがついてちょっとお得感を感じるワンポールテントBIG420が気になるところです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【Hilander(ハイランダー)2019年新製品】『ワンポールテント』&『ヘキサゴンタープ』が登場~ウッドシリーズと相性抜群なキャンプコーデが楽しめる
Hilander(ハイランダー)2019年新製品として話題のエアーフレームを採用した新作テント「ROOMY(ルーミィ)」。 その「ROOMY(ルーミィ)」は2ルームのトンネル型テント。 対して、シンプルなワンポールタイプ『ワンポールテント300』・『ワンポールテントBIG420』 更には大型タープの『ヘキサゴンタープ』が同日発売で登場します。
可愛いベルテント?『KINOKO TENT(キノコテント)』はニョキッと設営シンプルなワンタッチテント【DOD2019新製品】
久々にDODより2019年発売の新作テントが登場します。その名も『KINOKO TENT(キノコテント)』。ニョキッと可愛らしくそびえ立つ、シンプル設営なワンタッチテント。しかも形は、今流行の「ベルテント」っぽくて、グランピングが出来そうな雰囲気が垣間見えるんです。その可愛らしさに魅かれ気にならないわけがなく、早速調べてみました。
【DOD2019新製品】レンコンテントはテント内で焚火ができる冬キャンプ向けなワンポールテント~おかずシリーズ続々登場
DODより2019年発売予定の新作テントが発表されました。 カマボコ・タケノコ・キノコと続く、通称「おかずシリーズ」と言われるシリーズの最新作。 テントが穴だらけで、幕内で焚き火ができるようになっている冬仕様のワンポールテント。 その名も「レンコンテント」の登場です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました