ワークマン公式オンラインストアはコチラ歳末大セール ナチュラム祭りはコチラ 12/26(水)まで!!

【DOD2019】ワンタッチ仕様の『カンガルーテント』がタンカラーになって帰ってきた!!~専用フライシートも登場

テント類

こんにちは!!のざる【】です。

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

カンガルースタイルといえば、大型テントの中に就寝用の小型テントを設置するキャンプスタイル。

DODのカンガルースタイル専用テント「カンガルーテント」が、今流行の「タンカラー」となって2019年再登場しました。

しかも、専用のフライシートも登場し、カンガルースタイルのみならず小型のワンタッチテントとしても利用できるようになったんです。

スポンサーリンク

KANGAROO TENT(カンガルーテント)

出典:dod

カンガルーテントは、大型テントの中に設置する為フライシートは不要。その為、コットン100%生地を採用し結露を最大限に抑えるような仕組みになっています。

なおかつワンタッチ構造を採用しているので、大型テントを設置した後でも簡単に設営することができるんです。

今流行のタンカラーとなって新登場!!
以前はベージュカラーでしたが、2019年の新作アイテムとして落ち着いた色合いのタンカラーにリニューアル。2018年~2019年にかけてDODアイテムには、このタンカラーが多く見られますね。

サイズS仕様

出典:dod

使用時サイズ
(約)W220×D150×H128cm
インナーサイズなし
収納サイズ
(約)直径21×長さ70cm
重量(付属品含む)(約)4.3kg
収容可能人数大人2人
最低耐水圧
5000mm ※フロアのみ

サイズM仕様

出典:dod

使用時サイズ
(約)W210×D210×H140cm
インナーサイズなし
収納サイズ
(約)直径21×長さ77cm
重量(付属品含む)(約)4.9kg
収容可能人数大人3人
最低耐水圧
5000mm ※フロアのみ

特徴

出典:dod

このカンガルーテントには

  • 設営簡単なワンタッチ構造
  • 結露を軽減するコットン100%生地
  • オールメッシュ仕様で通気性がいい

といった特徴があります。

ワンタッチで設営簡単

出典:dod

旧モデルのベージュカラーと同様に、傘を広げるようにパッとテントを設営することができるワンタッチ構造は今回も健在です。

出典:dod

専用のグランドシートも標準で付属。

バックルでテント本体に取り付けておくことができるので、グランドシートを取り付けたまま設営・撤収が可能。グランドシートの設置の手間が省けます。

グランドシートが劣化してしまった際には、別売りでグランドシートのみ単体で購入することもできるそうです。

コットン100%生地

出典:dod

最大の特徴とも言えるのが、透湿性に優れたコットン100%の生地を採用していること。

その為、テント内の結露を大幅に軽減させることができます。

4面メッシュ仕様

出典:dod

4面全ての方向をメッシュにすることができるので、蚊帳のように通気性よく涼しく過ごすことができます。これだけ開くのはかなりいいと思います。

コンセントファスナー

出典:dod

電源サイトで便利な、コンセントファスナーも標準装備。電気カーペットや扇風機など引き込む際に無駄なケーブルの取り回しをする必要がなくなります。

価格

サイズS

オープンプライス

参考税込価格 15,800円

サイズM
オープンプライス

参考税込価格 17,800円

2019年3月2日現在の情報です。

FLY SHEET FOR KANGAROO TENT(カンガルーテント用フライシート)

出典:dod

「カンガルースタイルだけじゃなくて個別のテントとしても使いたい!!」と思っている人は少なからずいるんじゃないでしょうか。

カンガルーテントをソロやデュオキャンプ用の小型テントとして利用できるようにする為の、カンガルーテント専用フライシートが登場しました。

フライシートもタンカラー!!

別売りなんですが、セット販売もしてくれないかなあ・・・なんて個人的には思ったりもします。

サイズS仕様

出典:dod

使用時サイズ
(約)W220×D250×H128cm
※カンガルーテント本体に装着時
収納サイズ
(約)直径14×長さ53cm
重量(付属品含む)(約)2.2kg
最低耐水圧2000mm
材質
150Dポリエステル(PUコーティング、UVカット加工)
アルミ合金
付属品
ペグ、天井用ポール

サイズM仕様

出典:dod

使用時サイズ
(約)W210×D310×H140cm
※カンガルーテント本体に装着時
収納サイズ
(約)直径14×長さ55cm
重量(付属品含む)(約)2.4kg
最低耐水圧2000mm
材質
150Dポリエステル(PUコーティング、UVカット加工)
アルミ合金
付属品
ペグ、天井用ポール

特徴

出典:dod

このカンガルーテント専用フライシートの特徴として

  • 通気性の高い前後ドア
  • 遮光性・耐久性の高い150D生地

といった特徴があります。

前後ドアで通気性を確保

出典:dod

フライシートには前後にドアを設置。前後のドアを開けることで、通気性を高めることが可能。

ただし、カンガルーテント本体にはドアが1ヶ所しかないので、前後2ヶ所を出入り口にすることはできません。

遮光性・耐久性の高い150D生地

出典:dod

150Dの厚みのある生地を採用しているので、薄い生地と比べ遮光性や耐久性がUPしています。

価格

サイズS
オープンプライス
参考税込価格6800円
サイズM

まとめ

いかがでしたか??

「カンガルースタイルにするために、コンパクトテントを買ったけど、フライシートは使わないから倉庫の中で眠ってる」なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方には、便利なテントかもしれません。

また、フライシートを取り付けることによりカンガルースタイルだけでなく通常のワンタッチテントと同じように使えるようになりました。

フライシートが登場したことにより、カンガルースタイル用のテントとは別にコンパクトテントを用意する必要がなくなりますね。

流行りのタンカラーというのもいい感じ。

Sサイズで本体とフライシートを購入した場合、約23000円程度。ソロ用の格安テントと比べると若干割高な気もしますが、ワンタッチ機能や生地の厚みを踏まえればこんなものでしょうか。

ちなみに、フライシートは旧モデルにも対応するようです。

既に持っている方はフライシートだけ購入して取り付ければ、タンカラーのテントが楽しめるようになります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【ロクロクベース発売日決定!!】DODの新作大型シェルターがおしゃれでカッコイイ!!紫外線も防いで夏のキャンプに最適だ
こんにちは!!のざる(@camp_bata)です。本ブログにお越しいただきありがとうございます。2018年のDOD新製品、キャンパー注目の『6×6BASE(ロクロクベース)』。発売日は2018年6月19日。既に大人気のカマボコテント・カマボコテント2と並んで人気商品になること間違いなし!!既に販売中ですが、サイドその魅力を徹底的にお伝えします。
【DOD2019新製品】レンコンテントはテント内で焚火ができる冬キャンプ向けなワンポールテント~おかずシリーズ続々登場
DODより2019年発売予定の新作テントが発表されました。 カマボコ・タケノコ・キノコと続く、通称「おかずシリーズ」と言われるシリーズの最新作。 テントが穴だらけで、幕内で焚き火ができるようになっている冬仕様のワンポールテント。 その名も「レンコンテント」の登場です。
可愛いベルテント?『KINOKO TENT(キノコテント)』はニョキッと設営シンプルなワンタッチテント【DOD2019新製品】
久々にDODより2019年発売の新作テントが登場します。その名も『KINOKO TENT(キノコテント)』。ニョキッと可愛らしくそびえ立つ、シンプル設営なワンタッチテント。しかも形は、今流行の「ベルテント」っぽくて、グランピングが出来そうな雰囲気が垣間見えるんです。その可愛らしさに魅かれ気にならないわけがなく、早速調べてみました。
【カマボコテントソロTC】DODの人気テントがポリコットン仕様で登場〜2019年はソロでもカマボコ‼︎ソロカマキャンプ‼︎
トンネル型テントブームを牽引し続けるDODのカマボコテントに、TC(ポリコットン)素材を採用したラインナップが登場したようです。その名も【KAMABOKO TENT SOLO TC(カマボコテントソロTC)】。ソロキャンプでもトンネル型テントでゆったりと楽しめるような作りになっているそうです。
「DOD」と「キャプテンスタッグ」と「ハイランダー」‼︎見た目が似ている【ワンポールテント】3種類を比較してみる
ハイランダー2019年新作のワンポールタイプ『ワンポールテントBIG420』。 ワンポールテントは数知れずありますが、その中でも有名なDODの「BIG ONE POLE TENT(ビッグワンポールテント)」と、キャプテンスタッグの「CSクラシックス ワンポールテント オクタゴン460UV」を比べてみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました