カマボコテントの【ナチュラム別注モデル】が販売中!!

厚みのあるエアーマットが特徴的!ふわふわコットの『ハンペンインザスカイ』が登場

テント類

こんにちは!!のざる【】です。

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

DODより厚みのあるエアーマットを装備し、浮遊感のあるふわふわした寝心地を実現させたキャンプ用ハイコットが登場しました。

その名も「HANPEN IN THE SKY(ハンペンインザスカイ)」

空を飛ぶはんぺんが一体どんなものなのか、気になったのでまとめてみました。

2019年7月20日時点での情報です。
スポンサーリンク

HANPEN IN THE SKY(ハンペンインザスカイ)

出典:DOD

発表と同時に様々な憶測が飛び交った「ハンペンインザスカイ」。その実態は極厚マットを採用したキャンプ用コットであることが判明しました。

カラーは「タン(CB1-633-TN)」「ブラック(CB1-633-BK)」の2色展開となっています。

『HANPEN IN THE SKY(ハンペンインザスカイ)』の仕様

出典:DOD

カラータン・ブラック
希望小売価格オープンプライス
サイズ(約)W78×D190×H39cm
収納サイズ(約)W44×D25×H22cm
重量(付属品含む)(約)5.9kg
静止耐荷重180kg
材質フレーム:アルミ合金
エアマット:TPU
カバー:600Dナイロン(PUコーティング)
付属品キャリーバッグ

『HANPEN IN THE SKY(ハンペンインザスカイ)』の特徴

出典:DOD

大人ひとりがゆったり使えるサイズ感

出典:DOD

マットのサイズは横幅78×長さ190cmあるので、大人ひとりが寝るには十分なサイズ感があります。また、3人がベンチとして座れるよう180kgの静止耐荷重設計がされています。

高さの調節が可能

出典:DOD

フレームは、簡単にハイスタイルとロースタイルに切り替えが可能。スタイルや好みに合わせてベッドの高さを変えることができます。

出典:DOD

さらには、フレームを外しマット単体で使う事もできます。ソロキャンプではコットと、ファミキャンでは雑魚寝スタイルとして。用途に合わせて好みの使い方ができます。

ハンドポンプ内臓でエアポンプ不要

出典:DOD

このエアマット本体にはハンドポンプが内蔵されています。別でエアポンプを用意せずとも、ハンドポンプを使えばエアマットに空気が入れられるようになっています。

『HANPEN IN THE SKY(ハンペンインザスカイ)』の価格

オープンプライス

参考価格 23,800円(税込)

べりはやっ!スポーツさんでの参考価格です

まとめ

想像していたよりもかなり高価格となっていたので、ちょっと驚きました。

しかし、ソトネノキワミもお高かったので当然と言えば当然かもしれません。

厚みのあるエアーマットが装備されていればキャンプでの寝心地も良くなると思います。幅も78cmと大人ひとりが寝るにも十分な広さ。

少々かさばりますが、これからはエアーマットを装備したコットが主流になってくるかもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございました。

もう酸欠したくない!持ち歩けるコンパクトなUSB充電式ミニエアポンプ『MAX PUMP PLUS』がめっちゃイイ
こんにちは!!のざる【Follow @camp_bata】です。 本ブログにお越しいただきありがとうございます。 若い頃は肺活量...
【2019年7月24日】KAMABOKO TENT KUE(カマボコテントクエ)販売情報
こんにちは!!のざる【Follow @camp_bata】です。 本ブログにお越しいただきありがとうございます。 スペックにこだ...
【はんぺんが空を飛ぶ!?】ふわふわコットの「ハンペンインザスカイ」登場~DOD2019年新製品も気になります
こんにちは!!のざる【Follow @camp_bata】です。 本ブログにお越しいただきありがとうございます。 先日、DODよ...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました