初めてお越し頂いた方に読んで頂きたい記事はコチラ

【2018秋冬新作】Coleman(コールマン)テント!!Newカラーのテーマは『ヨセミテ』~オリーブ&サンドカラー

テント類
WeeklyPopularPost

こんにちは!!のざる(@camp_bata)です。

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

毎年恒例となっている、Coleman(コールマン)テントの2018年秋冬新作がでてきました。

今年の新作Coleman(コールマン)テント。そのテーマは『ヨセミテ』に決定したみたいなんです。

のざ長女
のざ長女

寄ってらっしゃい見てらっしゃい!!

のざる
のざる

それは夜店!!

のざ妻
のざ妻

車寄せるから見てて!!。

のざる
のざる

寄せて見て?ボケてんの?それはボケてんの??。

もう意味がわかりません。

今回のColeman(コールマン)テントの2018年秋冬Newアイテムの発売日は?価格は?そして仕様は?

さらには、「ヨセミテ」ってなんぞや?

気になった点をまとめてみました。

2018-09-30追記

『2019年 コールマン 製品展示・受注会』にて実物を見てきました。詳細レポートは記事を見てみてください。

『2019年 コールマン 製品展示・受注会』を見てきた!!~シーズンズランタン2019が先行受注できる!?
東京都昭島市にある「MORIPARK Outdoor Village(モリパーク アウトドアヴィレッジ)」にて開催された『2019年 コールマン 製品展示・受注会』を見てきたんです。ヨセミテをイメージしたオリーブ/サンドカラーの新作テントに、新作のLEDランタン。そして大注目はシーズンズランタン2019の先行受注!!
スポンサーリンク

そもそも『ヨセミテ』ってなんなのさ???

ヨセミテ国立公園(ヨセミテこくりつこうえん、Yosemite National Park [joʊˈsɛmɨti] )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州中央部のマリポサ郡及びトゥオルミ郡にある、自然保護を目的とした国立公園である。インディアナ語で「灰色熊」という意味がある

1864年、州立公園に指定。1890年、国立公園に指定。1984年、ユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録された。

引用:ウィキペディア

アメリカを代表する、キャンパー達ならみんながあこがれると言われる大自然公園の「ヨセミテ」。

その大地に生い茂る樹木のイメージ「オリーブ」と、一面に広がる岩肌のイメージ「サンド」をモチーフとしたカラーを再現しているようなんです。

2018年秋冬Coleman(コールマン)テントのカラーは『オリーブ/サンド』

今年2018年モデルはヨセミテをイメージしたカラーリングのオリーブ&サンド。

のざ長女
のざ長女

ポケットモンスターサン&ムーンみたいな?

いや、バージョン違いが発売されるわけではありません。

コールマンの定番カラーはグリーンっていうイメージがあります。

今回はより自然に溶け込むような落ち着いた色合いのカラーリングな印象を受けます。

キャンプ場で際立って目立つわけでもなさそうですが、よくよく見たらなんだかオシャレじゃん!と感じられそうです。

『タフワイドドームⅣ/300 ヘキサセット(オリーブ/サンド)』

出典:Coleman

コールマンのキャンプテントの定番ともいえるタフワイドドーム

開放的なキャンプスタイルが楽しめそうなテントとタープのセットです。

4人家族には十分な広さの約300×300㎝のフロア。

高さも約185㎝あるので、室内でも立てるのが体にも楽でいいですね。

始めからタープもセットになっているので、これからキャンプをするのにテントやタープを買おうかなと悩んでいる人にはピッタリですね。

テントはオリーブカラーがメイン、タープはサンドカラーがメイン。

組み合わせると、オリーブとサンドがいい感じで調和してるように思えます。

コールマンといえば緑色と思ってしまう期待は裏切りません。

と言いつつも、こんなカラーのタフワイドドームも発売されてましたね。

のざ長女
のざ長女

これはちょっと目立ちすぎかな・・・。

また、今回のヘキサセットの利点は「テントは買ったけどタープはどれがいいのやら」と悩む必要がないこと。

すでに相性抜群のアイテムがセットになってますからね。

もちろんテント設営を楽にしてくれる「アシスト機能」が付いているので、1人でも設営が可能。

慣れるまでは1人での設営は大変なので、実際はやはり2人がいいのかなと感じます。

『タフワイドドームⅣ/300 ヘキサセット(オリーブ/サンド)』仕様と特徴

出典:Coleman

今回のアイテムから若干の仕様変更があるポール。

ヘキサタープのメインポールにはランタンハンガーが付いているのでランタンを吊るす事ができます。

標準でサイドポールも付属しているので、設営バリエーションも楽しめます。

さらにタフワイドドームのポールは、取り付け取り外しが簡単にできる固定力抜群のフックに変更されてる点にも注目です。

アイテムリンクからも詳細が確認できます。

『タフスクリーン2ルームハウス(オリーブ/サンド)』

出典:Coleman

ファミキャンの定番、2ルーム仕様のテントもオリーブ&サンドカラーで登場。

言わずもがな、2ルームハウスはタープ不要でリビングスペースが作れます。

区画が狭いとタープが設置しづらい時には、これさえあれば日除けが確保できます。

我が家も『タフスクリーン2ルームハウス』を使ってます。

【前編】キャンプレポ!秩父巴川オートキャンプ場は川遊びが超楽しくて夏キャンに最適
こんにちは!!のざるです。本ブログにお越しいただきありがとうございます。もう毎日猛暑ですね。毎年毎年「記録的な猛暑」って聞いてる気がします。そんな中、3連休を利用して埼玉県の「秩父巴川オートキャンプ場」でキャンプに行って来ました。川遊びも楽しめると聞いてウキウキ野我が家。初めてのキャンプレポも含めつつ場内もレポしてまいりましょう。

キャンプ場に行けば必ずと言っていい程見かけるこのテント。

今回のオリーブ&サンドカラーならばカラーリングが被る事も少なくなりそうですね。

『タフスクリーン2ルームハウス(オリーブ/サンド)』仕様と特徴

出典:Coleman

付属のポールで前面を開放できるので、風通しもよくなりリビングスペースも広くなります。

サークルベンチレーションシステムで、テント内も空気が循環しやすいのも特徴です。

アイテムリンクからも詳細が確認できます。

『トンネル2ルームハウス/LDX スタートパッケージ(オリーブ/サンド)』

出典:Coleman

DODのカマボコテントで人気爆発したトンネル型テント。

この度、レギュラーアイテムとしてオリーブ&サンドカラーで登場。

しかも、スタートパッケージとして専用のグランドシートとインナーシートもセットなんです。

コールマンのトンネル型テントは今までもあったんですが、数量限定発売だったりしてなかなか買えないこともありました。

昨年からはトンネル型もラインナップが増えてきました。

これからはレギュラーアイテムとしてどんどん増えていくのはうれしいですね。

『トンネル2ルームハウス/LDX スタートパッケージ(オリーブ/サンド)』仕様・特徴

出典:Coleman

トンネル型テントの特徴は、メインポールをスリーブに通して立ち上げるだけの簡単設営。

なおかつ中はとっても広いので、ファミリーのみならずグルキャンでも活躍できます。

また、今回のトンネル型テントの特徴は入り口に『ひさし』がついていること。

入り口を閉めることなく雨風の侵入を防げます。

換気できるのがいいですね。

アイテムリンクからも詳細は確認できます。

テントだけじゃない!!ヨセミテカラーで揃うNewアイテム達

チェア・ベンチも『ヨセミテ』カラーで登場

「サイドテーブル付デッキチェア(オリーブ)」

「レイチェア(オリーブ)」

「リラックスフォールディングベンチ(オリーブ)」

出典:Coleman

実はテント以外にもNewアイテムが登場します。

もちろん『ヨセミテ』をイメージした『オリーブ』カラーで展開しています。

ミリタリー色が強調されており、野外活動にはうってつけ。

もちろんどのアイテムもキャンプや運動会、お庭のバーベキューなど様々なシーンで利用できそうなアイテムです。

ただ、それぞれ大きさがあるのでコンパクトに持ち運びができるというわけではないです。

その分肘置きもあったり背もたれが高いのでゆったり座れるなどメリットもあります。

コンパクトさと持ち運びを求めるなら、やはりヘリノックスのようなチェアかなと思います。

アイテムリンクからも詳細が確認できます。

テントの連結が簡単になる『エクステンションウェビングキット』が登場

出典:Coleman

テントとヘキサタープを簡単に連結、いわゆる『小川張り』ができる連結テープ。

様々なキャンパーさん達が自作していますね。

今年はsnow peak(スノーピーク)『ヴォールト』でもこのような連結ができるようになっていますね。

アジャスターストラップ付きで長さの調整が可能となっています。

【仕様】

サイズ:約 700X 3 cm
重量: 約 220 g

コールマン エクステンションウェビングキット 2000012466

気になる発売日・価格は??

2018年9月中旬より順次発売との事です。

【参考税抜価格】

「タフワイドドームIV/300 ヘキサセット(オリーブ/サンド)」

4万9800円

「タフスクリーン2ルームハウス(オリーブ/サンド)」

5万4800円

「トンネル2ルームハウス/LDKスタートパッケージ(オリーブ/サンド)」

8万5800円

「リラックスフォールディングベンチ(オリーブ)」

5980円

「レイチェア(オリーブ)」

8980円

「サイドテーブル付デッキチェア(オリーブ)」

オープン価格

「エクステンションウェビングキット」

4980円

コールマン エクステンションウェビングキット 2000012466

 

まとめ:キャンプ場の自然な色合いに馴染むカラーは素敵!!

いかがでしたか??

今年は自然系グリーン系カラーが主流のような感じがしますね。

自然の風景に溶け込むようなテントの色合い。

はたまた、ミリタリー的なカラーとしても映えそうなので心くすぐられる様なアイテムでした。

オリーブカラーは、【Amazon.co.jp限定】テント トンネル2ルームハウスLDX(オリーブ)もありますね。

また、コンパクトフォールディングチェアも発売されていました。

このように、ちょっとずつ異なるカラーで様々なアイテムが発表されていましたね。

同じグリーン系でも、コールマンらしさは失わず選択肢が増えていくのはいいことかなと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

オススメ情報

【令和初の特大セール】2019年7月夏『ナチュラム祭り』開催!!2019年7月3日(水)18:00 スタート!

icon icon

Amazon【ちょっとお得】に買い物ができる方法

 

・キャンプに役立つ無印良品アイテム【ちょっとお得】に手に入るかも。クーポンもチェック  してみませんか??

 

・アウトドア向けのブランドブックを探すなら【7net】が便利。セブンイレブンで受け取れば送料無料!!


ランキング参加中です
よかったらポチっと押して頂けると喜びます
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


テント類
スポンサーリンク
「いいね」を押して【のざるん’ち】の更新情報を受け取りませんか??
1度お試しくださいませ
\ちょっと気になったらシェアしません?/
のざるをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました