初めてお越し頂いた方に読んで頂きたい記事はコチラ

【エクスカーションティピー】1万円台で購入可能なコールマンのワンポールテント~2019年はAmazon限定モデルも登場

テント類
WeeklyPopularPost

こんにちは!!のざる【】です。

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

のざ妻
のざ妻

ソロキャンプしてみればー??

本気か冗談かわかりませんが、先日妻にこんな事を言われたんです。単純な自分は「行っていいんだ!!」と思い込み、早速ソロキャンプ用のテントを物色。

そして目にとまったのは、2017年に新製品として登場したコールマンの「エクスカーションティピー/325」

4人家族でも利用できる横幅に、高さも最大200㎝あるサイズながらも1万円台で購入できるとあって、かなりお得感を感じるテント。

しかも、2019年はオリーブカラーの『Amazon限定モデル』や、『エクスカーションティピー/325+スタートパッケージ』としても登場するそうです。

ソロキャンだとしても、ちょっと広めのテントがいい!!これなら父子キャンプもできるかも!?

スポンサーリンク

エクスカーションティピー/325

出典:Amazon

この綺麗な三角形なコールマンのエクスカーションティピー。

ティピー型テント、いわゆる円錐型であるワンポールテントの最大の特徴は「設営が簡単」というところなんです。

今流行のトンネル型2ルームテントは設営が簡単とはいいつつも、ワンポールテントのシンプルさよりもポールの本数は多く重さもあります。対してワンポールテントは、名前の通り1本のポールで立ち上がる構造の為、重さも軽くなり持ち運びもラクラク。

コールマンの『エクスカーションティピー/325』は、「コンパクト」・「設営が簡単」・「手の届きやすい価格」といった点が大きな特徴なんです。

仕様


出典:コールマン

耐水圧約1,500mm(フロア:約1,500mm)
定員3~4人用
インナーサイズ約325×230×200(h)cm
収納時サイズ約Φ16×60cm
重量約6kg
フライ75Dポリエステルタフタ
(UVPRO、PU防水、シームシール)
インナー68Dポリエステルタフタ
(撥水加工)
フロア75Dポリエステルタフタ
(PU防水、シームシール)
ポール(メイン)スチール約Φ19mm
(フロント)FRP約Φ11mm
付属品ペグ、ロープ、収納ケース
※ハンマーは付属していません。

価格

税込価格 22386円

特徴

出典:コールマン

この『エクスカーションティピー/325』には、

  • コンパクトでシンプルな設営
  • 3~4人が寝られるサイズ感
  • 手の届きやすい価格設定

といった特徴があります。

コンパクトでシンプルな設営方法

動画を見てもらうとわかりますが、パーツ数も少なくワンポールで立ち上がるシンプル構造。ペグダウンも6箇所で済むんです。その為、1人でも設営・撤収が簡単。

テントの設営自体もキャンプの楽しみではありますが、簡単なことに越したことはありません。

我が家は普段コールマンのタフスクリーン2ルームハウスを利用しています。大型テントでスペースも広く快適に過ごせますが、慣れてはきたものの設営撤収は2人でやらないと結構大変。

それに比べこのエクスカーションティピーは、インナーテントのみなら早ければ5分程度。初心者でも20分程度あれば設営完了してしまうと言われているほどのシンプル構造。

ポールは1本だけなので設置に迷うこともなく、スリーブに通す手間もなくグロメットに差し込む必要もないんです。

また、約6㎏と持ち運びにも苦労しない重さであり、女性でも運べるサイズ感。

まさしくソロキャンプに向いているんじゃない??
撤収も、設営と逆の手順を踏むだけなので迷うこともありません。何本ものポールを折り畳んだり、スリーブから上手く抜けないとか、グロメットから抜くのに力がいるとか、そんな苦労はなくなるはずです。
のざ妻
のざ妻

私でも簡単にできそうなのがいいね!!

Amazonでの評価も良くレビューを見ても設営やサイズ感に関しては高評価。しかしながら、ペグは付属のものではなく別途用意したほうがよいとのこと。

また、グランドシートは付属していないので別途用意する必要があります。ブルーシートなどをサイズにあわせてカットしてもよし、純正の専用グランドシートを使ってもよし。好みで選んでいいんですが、テント生地を保護する為にもグランドシートはあったほうがいいんです。

ソロなら広々と、家族なら寝室として利用できるサイズ感

出典:Amazon

出典:Amazon

ポールに近い中心部分のみですが、最大200cmもの高さがあるので大人でも余裕で立つことが可能。これは腰痛持ちの自分にとってはかなりありがたい仕様。高さがあるので圧迫感も感じにくく、横幅は230㎝程あるのでソロやデュオキャンなら多少荷物を入れても余裕な広さなんです。

4人家族で利用するなら寝室用のテントと考えたほうがいい??

我が家は大人2人・子供2人の4人家族。フロアは六角形の為、側面部分は若干活用できないスペースが発生します。

就寝スペースとして考えれば、正方形に切り取ると230×230㎝。4人で寝るとするなら1人あたりの横幅は約60㎝弱。

大人4人で寝るにはかなり窮屈ですが、大人2人・子供2人で寝るだけならちょっと窮屈ですが平気ですね。足元にはちょっとした荷物も置けます。

出典:コールマン

『エクスカーションティピー/325』の中で、家族で過ごすにはさすがに窮屈。

リビングスペースは別途タープを利用する必要があります。過ごしやすい春や秋頃の天気の良い日ならば不要かもしれませんが、夏場の強い日差し対策や急な雨対策の為にもタープはあったほうが便利だと思います。

「別でタープの設置は面倒!!」なんて場合は、トンネル型2ルームテントなどの自立可能な大きめなテントがいいかもしれません。設営はちょっと大変ですが、我が家ではタフスクリーン2ルームハウスを利用しています。

「大型の2ルームテントを使いたいけど設営ももっと簡単にしたい!!」と思うこともあります。そんなワガママには、2019年に流行るかもしれないエアーフレームを採用したトンネル型2ルームテントが向いているかもしれません。

【Hilander(ハイランダー)2019年新製品】エアーフレーム採用『ROOMY』は設営簡単なトンネル型2ルームテント〜たった15分で設営可能?
Hilander(ハイランダー)より新作テントが2019年1月に登場します。 その名も【ROOMY(ルーミィ)】。 空気で立ちあげる「エアーフレーム」が採用され、大型テントながらも設営が簡単。 しかもその形状は、今人気の【トンネル型2ルームテント】。 これは気になりますね。

前室がある

出典:Amazon

この『エクスカーションティピー/325』には、一般的なワンポールテントと違い前室があります。フロントポールを使用することで庇(ひさし)ができるような作り。

タープほどの広さはありませんが、ちょっとした荷物や靴を置いたり、テントの出入りの際に雨の浸入を防いでくれるといった玄関のような役割を果たしてくれるんです。

こういった玄関には、レジャーシートを敷いたりフリーボードを設置するなどすれば荷物置きや靴脱ぎ場としても重宝します。

豊富なベンチレーション&フルクローズ

出典:Amazon

『エクスカーションティピー/325』はワンポールテントながらもベンチレーションが多いんです。前後ともにメッシュドア仕様なので風通しも良く虫の侵入も防げます。

出典:Amazon

スカートはついていませんが、フルクローズ機能もあり寒い時期でもテント内への風の侵入を軽減できます。

春~秋にかけてしっかりと活躍できるテント。真冬はちょっと厳しいかも・・・。

価格設定が魅力的

定価では税込価格で2万円を超えますが、変動はあるもののAmazonでは16000円〜18000円程度と2万円を切る価格で購入できるんです。

安定のコールマンのテント、しかも家族4人でも利用できて2万円を切る価格であることはかなりお得です。

個人的にはソロキャンプ用として使いたいことはもちろんですが、いずれは夫婦のみでキャンプに行くことも考えていますから、大型の2ルームテントよりもこういったコンパクトで設営簡単なテントはとても魅力的です。

また、これからキャンプを始めるにあたってテントを買うか借りるか悩んでいるのなら、まずはこういった低価格で簡単設営なテントを買ってしまうというのもアリです。毎回レンタルするよりもコスパはいいと思います。

大型のテントを購入して設営に苦労し、キャンプ嫌!となったら勿体ない!!

キャンプが好きになって慣れてくると、「こんなテントもいいな!あんな広さもいいな!」なんて、いろいろと欲がでてくるんです。そうしたら、大型テントに乗り換えていくのも悪くないんじゃないでしょうか。

この「エクスカーションティピー」は、

  • 簡単に設営したい
  • お金はかけたくない
  • そこそこ広くて寝られればいい
  • 有名ブランドのテントがいい

こんな風に考えてい人に、とても向いているテントかと思います。

Amazon限定モデルが登場

出典:Amazon

作りや仕様はそのままに、落ち着いたオリーブカラーを採用したAmazon限定モデルが登場するんです。

男心をくすぐるミリタリー感がたまらない!!

コールマンらしいナチュラルカラーと一味違う、オリーブカラーでミリタリー感が溢れるデザインは、個人的には男のソロキャンプにピッタリな感じ。

出典:Amazon

出典:Amazon

コールマンのAmazon限定モデルは、オリーブカラーを基調としたアイテムが多数でているので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

コールマン(Coleman) のAmazon限定アイテムはミリタリー感強めの男前カラー!!~通常モデルと比較し再チェック!
自分だけかもしれませんが2018年秋冬~2019年にかけてコールマン(Coleman) がアツイ気がします。そんなコールマン(Coleman) にはAmazon.co.jp限定アイテムがあるんです。とってもミリタリー感溢れるカラーリングが渋いんです。知ってる人もそうでなかった人も、これを機に再チェックしてみませんか??

発売日・価格

2019年4月25日発売予定

税込価格 22386円

2019年新作は「エクスカーションティピー/325+ スタートパッケージ」

出典:コールマン

Amazon限定モデルに加え、2019年コールマン新製品として登場する『エクスカーションティピー/325+ スタートパッケージ』。

ダークルームテクノロジーを採用したこのモデルは、日光を90%ブロックし温度上昇を抑えてテント内で快適に過ごせるようになっています。

さらに「インナーシート」と「グランドシート」も付属。

作りや仕様は従来モデルとほぼ同じ。耐水圧とフライシートの素材に変更があります。現在はスタートパッケージとしての展開のみのようで、単体での発売は今のところはなさそうです。

仕様

耐水圧約3,000mm(フロア:約1,500mm)
定員3~4人用
インナーサイズ約325×230×200(h)cm
収納時サイズ約Φ16×60cm
重量約6.6kg
フライ75Dポリエステルタフタ
(ダークルーム™テクノロジー
UVPRO、PU防水、シームシール)
インナー68Dポリエステルタフタ
(撥水加工)
フロア75Dポリエステルタフタ
(PU防水、シームシール)
ポール(メイン)スチール約Φ19mm
(フロント)FRP約Φ11mm
付属品ペグ、ロープ、収納ケース
※ハンマーは付属していません。

価格

税込価格 37113円

まとめ

いかがでしたか??

ソロでもファミキャンでも利用できる、シンプル構造なワンポールテント。個人的にはAmazon限定モデルがとっても気になっています。テント内をしっかりと暗くしてゆっくりと寝たいのなら「エクスカーションティピー/325+」もいいですね。

ソロのみなら『エクスカーションティピ 210』もアリ!?
1~2人向けのさらにコンパクトなタイプの『エクスカーションティピ 210』もありますが、ソロでもちょっと広めに使いたいのが個人的な希望。そうなると「エクスカーションティピー/325」が候補になるんです。

さてさて、果たして本当に買っていいのかなあ・・・。

最後までお読みいただきありがとうございました。

公式 コールマンAmazon限定モデルをチェックしてみる

オススメ情報

【令和初の特大セール】2019年7月夏『ナチュラム祭り』開催!!2019年7月3日(水)18:00 スタート!

icon icon

Amazon【ちょっとお得】に買い物ができる方法

 

・キャンプに役立つ無印良品アイテム【ちょっとお得】に手に入るかも。クーポンもチェック  してみませんか??

 

・アウトドア向けのブランドブックを探すなら【7net】が便利。セブンイレブンで受け取れば送料無料!!


ランキング参加中です
よかったらポチっと押して頂けると喜びます
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


テント類
スポンサーリンク
「いいね」を押して【のざるん’ち】の更新情報を受け取りませんか??
1度お試しくださいませ
\ちょっと気になったらシェアしません?/
のざるをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました