初めてお越し頂いた方に読んで頂きたい記事はコチラ

【Amazonで購入】LED充電式モバイルランタンが思った以上に明るい!カマボコテント2の前室はこれひとつで十分~暖色の明かりでいい感じ

いろいろレビュー
WeeklyPopularPost

こんにちは!!のざる【】です。

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

Amazonで購入した充電式のコンパクトLEDランタン。あまり細かい事は考えずにポチッとしてしまったんですが、結果的には満足できる明るさ。

2019年ゴールデンウイークは2泊3日のグルキャン。我が家のカマボコテント2の前室で団欒していたんですが、お友達の奥様も「これいいねー!」なんて満足されたようで、その場でポチってました。

いい点も悪い点も含めてざっくりとご紹介します。

あくまでも個人の感想です。
スポンサーリンク

カマボコテント2の前室をカバーできたモバイルランタン

先日のキャンプ前に購入してしまった「USB充電式LEDモバイルランタン」

のざ妻
のざ妻

もうランタン増やさなくていいよ!

日頃から妻に言われていたにも関わらず、Amazonタイムセールで安くなっていてつい勢いで買っちゃったんです。キャンプでしれっと使うつもりが、自宅で充電しているところを見つかりましたΣ(゚д゚lll)ところが、特にお咎めはナシ。

そんな充電式のLEDランタン。キャンプで使ってみると思っていた以上に明るくて妻も大満足!!

我が家のカマボコテント2の前室を照らすのにピッタリだったんです。

いちばん明るいモードで照らしています。

カマボコテント2の前室のサイズはおよそ2.8×4.2m。今までは複数のランタンを使っていたんですが、今回購入したランタンひとつでその広さをカバーすることができました。

【シンプル設営はダテじゃない】カマボコテント2タンカラーを初めて張ってみたら楽しかった
カマボコテント2(タンカラー)を引っさげて、2019年我が家の初キャンプ。試し張りできていないのでぶっつけ本番。本当にシンプル設営なのか、ちゃんと張れるのか結構不安。そんな我が家のカマボコ設営をざっくりとご紹介します。

色合いは暖色で我が家にとっては好み。もちろん劇的に明るいわけではありませんが、キャンプの夜に使うには必要十分な明るさ。今後はこれひとつで前室の明かりをカバーしていけそうなので、持って行くランタンの数も減らせそうです。

そんな我が家が購入したLEDランタンをざっくりとご紹介します。

【BRISIE】LEDキャンピングランタン モバイルバッテリー付

届いたモバイルランタンは「BRISIE」製のモバイルランタン。パッケージ正面はこんな感じ。

「BRISIE」は、LEDランタンやドライブレコーダーなど電子機器を中心に扱っている中国の会社のようです。

取り出してみると、ランタン本体と付属品の入った小さな箱がついています。

付属品は、説明書とUSBケーブルが入っていました。

中国製ですが、説明書は日本語で記載されています。

本体上面にはバッテリー残量を示すランプと電源ボタン。

「INPUT」と刻印のある部分が充電部分。

充電の端子はマイクロUSBを使います。車で移動ならシガーソケットから充電してもいいかもしれませんね。

Amazonベーシック シガーソケット USB 2ポート車載充電器 Apple & Androidデバイス対応 4.8 Amp/24Wブラック/レッド
Amazonベーシック(AmazonBasics)
Amazonベーシック USB 2.0 A to マイクロ Bケーブル 3m (10フィート) シルバー 二重編みナイロン
Amazonベーシック(AmazonBasics)

仕様

寿命:最大100,000時間
容量:2800mAh
入力:DC 5V/2A(最大)
出力:DC 5V/2A(最大)
消費電力:4W
寸法:径80mm x 60mm
重量:198g
防水等級:IP65(いかなる方向からの水の直接噴流によっても有害な影響を受けない、粉麈が内部に侵入しないこと)

パッケージ内容:
YS-C5充電式キャンピングランタン*1
USB充電ケーブル*1
日本語取扱い説明書*1

引用:Amazon

特徴

手のひらサイズのコンパクトさ

持ってみると手の平におさまるコンパクトさ。重さも200g以下なのでとっても軽い。

単三電池と比べてみるとこんな感じです。

5段階の調光機能

電源ボタンを長押しすると明かりがつきます。その後電源ボタンを1回押すごとにライトモードが切り替わる仕様。

ミドル→ロー→ハイ→点滅→SOSフラッシュという順番で切り替わります。

ロー→ミドル→ハイの順番ならわかるんですけど、なぜミドル→ロー→ハイの順番なんだろう。最初がローモードだと思ってつけてみたので違和感を感じちゃいました。

明るさとしては、

  • ハイモード:196ルーメン
  • ローモード:24ルーメン
  • ミドルモード:64ルーメン

とのこと。

↓実際の点灯はこんな感じ↓

暗闇でのフラッシュはかなり光るので、直視すると目が痛いです。

カラビナフック

ひっかけるのに便利なカラビナフックがついてます。フック上部は凹んでいるので、紐など細いものに引っ掛けてもずれにくく向きが安定します。ただ、このカラビナ部分のバネの力は弱いのでそのうちダメになっちゃうかも。

マグネット内臓

本体上面にはマグネットが内蔵されています。

こんな感じにハンモックのフレームにくっつけることができました。

注意したいのは、マグネットは上面全体ではなくスイッチ側半分にのみマグネットがついてます。バッテリー残量ランプ側にはついていません。なので、細い部分にくっつける際は気をつけないと落っこちてしまいます。また、くっつけたままスイッチの操作はできません。スイッチ操作時は取り外す必要があります。

モバイルバッテリー機能

2800mAの容量を持っているので、いざという時はモバイルバッテリーとしてスマホを充電することも可能。「OUTPUT」にUSBを挿し込んで電源ボタンを押せばスマホが充電可能。

試しにipadを充電してみました。出力は2Aあるので、きちんと充電マークがつきました。

ただ、容量としてはかなり少なくiphone1回分程度。なので、あくまでも緊急時と考えた方がいいでしょう。ランタンとして使いつつスマホも充電していたらあっという間に電池切れです。

「防水&防塵」仕様

仕様によると、 IP65防水&防塵認証取得済み。

防水等級:IP65(いかなる方向からの水の直接噴流によっても有害な影響を受けない、粉麈が内部に侵入しないこと)

引用:Amazon

端子のフタ部分はゆるく開きやすいので、しっかり閉めないといけません。本体自体は防水かもしれませんが、このフタが緩めなのはチョット残念。

規格としてはCE&ROHS&PSE認証済みだそうです。

キャンプに便利なモバイルバッテリーは防水&大容量がオススメ!~だけど使用上の注意は理解してる??
日常にもキャンプにも必須となってきたモバイルバッテリー。気軽に使えるからといっても、その取り扱いには注意が必要。個人的にオススメできそうな、キャンプシーンで使えそうなモバイルバッテリーと併せて、その取り扱いについても紹介していきます。 加えて、1mAhあたりのコスパも計算してみました。選ぶ際の参考になれば幸いです。

「Hallomall」製のLEDランタンとを比較

タイムセールで「BRISIE」製のLEDランタンが2000円を切っていたのでこっちを購入してしまったんですが、よくよく調べてみれば見た目が全く同じの「Hallomall」製のLEDランタンがあります。

Amazonでのレビュー数はHallomallが140レビューで星4.5。BRISIEは37レビューで星4。

2019年5月6日時点の情報です

レビュー数に差がかなりありますが、参考までに主なスペックを比較してみました。

「Hallomall」は、屋外用ソーラーモーションLEDライトや屋外用ヘッドランプなど照明製品を扱う米国の会社だそうです。
HallomallBRISIE
重さ182g198g
容量5200mAh2800mAh
最大LM200LM196LM
サイズ径80mm x 60mm径80mm x 60mm
その他フラッシュ機能
SOS点滅機能
マグネット式
昼白・電球色の切り替え可能
フラッシュ機能
SOS点滅機能
マグネット式
電球色のみ

タイムセールで安くなっててレビューも悪くなかったのでBRISIE製を購入したんですが、こうやって比較してみるとHallomallの方がスペックは高いようです。ちなみに実売価格は両アイテムほぼ同じ。

ほとんどが高評価でしたがHallomall製ランタンの気になったレビューとしては、

  • Hallomallは200ルーメンだが、電球色(暖色)はBRISIEの方が明るい
  • Hallomallは点灯時にモスキート音がするので、その音が気になる。
  • Hallomallは電球色(暖色)と記載しているが実際は昼白色なので返品した

といったところ。

BRISIE製はレビュー数がそもそも少ないので、「すぐに充電できなくなった」という報告がチラホラある程度。

両アイテムに共通するレビューは「すぐに使えなくなった」・「充電できない」などの不良品報告。我が家が購入したものは今のところ問題なく使えていますが、保証期間内なら交換してもらえるようです。

双方に気になる点はあるものの、バッテリー容量が多いなどスペックとしてはHallomall製のランタンの方が高いので、モバイルバッテリーとしての用途を重視するならばHallomall製のランタンがいいかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか??

なんとなしに買ってしまったランタンですが、我が家にとっては満足いくアイテムでした。

小さくて明るく軽い。充電式なので電池の必要性がないのがいいところ。

少しでも参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【ボックス?バッグ?】100均フル活用!我が家のキャンプ道具収納はこんな感じ【見えやすくする】
こんにちは!!のざる【Follow @camp_bata】です。 本ブログにお越しいただきありがとうございます。 ファミリーキャ...
【300円で購入】伸縮式スライド折り畳みランタン『伸縮ランタンライト(6SMD)』を買ってみたら・・・
ふと立ち寄った雑貨屋さんで見つけてきた、スライド式の簡易ランタン。1個300円(税込324円)だったので、補助的なランタンとして使えるかなあと買ってみたんです。

オススメ情報

【令和初の特大セール】2019年7月夏『ナチュラム祭り』開催!!2019年7月3日(水)18:00 スタート!

icon icon

Amazon【ちょっとお得】に買い物ができる方法

 

・キャンプに役立つ無印良品アイテム【ちょっとお得】に手に入るかも。クーポンもチェック  してみませんか??

 

・アウトドア向けのブランドブックを探すなら【7net】が便利。セブンイレブンで受け取れば送料無料!!


ランキング参加中です
よかったらポチっと押して頂けると喜びます
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


いろいろレビュー
スポンサーリンク
「いいね」を押して【のざるん’ち】の更新情報を受け取りませんか??
1度お試しくださいませ
\ちょっと気になったらシェアしません?/
のざるをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました