カマボコテントの【ナチュラム別注モデル】が販売中!!

【センターポールの無い広々空間】ハイランダーより『A型フレーム トライアングルTC』登場

テント類

こんにちは!!のざる【】です。

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

コスパ良いキャンプアイテムを展開するナチュラムのオリジナルブランドHilander(ハイランダー)より、センターポールの無い広々空間を実現する「A型フレーム トライアングルTC」iconが発売されます。

見た目はワンポールテントのようですが、フレームはセンターポールを使わず、二又のフレーム構造で内部空間を広く保てるのが特徴的。

そんな「A型フレーム トライアングルTC」iconをご紹介します。

2019年7月26時点での情報です。
スポンサーリンク

A型フレーム トライアングルTC

icon icon icon
2019年はポリコットン素材のワンポールテントが続々と登場。

大型ながらもコスパがよく早々に売切れてしまった、FIELDOORの「ONE POLE TENT T/C 400(ワンポールテントT/C 400)」や、2019年9月頃の発売を予定しているクイックキャンプの「T/Cワンポールテント」。

ハイランダーから登場する「A型フレーム トライアングルTC」は、見た目はワンポールテントのようですが、フレームはセンターポールを使わず、二又のフレーム構造となっています。

A型フレーム トライアングルTCの仕様

icon icon

使用時最大サイズ直径330×高さ270cm
インナーテントサイズ
収納サイズ
重量
本体生地撥水加工を施したポリコットン(TC)素材
インナー生地
収納袋
付属品
不明な仕様については、発表され次第追記します。
Hilander(ハイランダー) A型フレーム トライアングルTC
created by Rinker

A型フレーム トライアングルTCの特徴

この「A型フレーム トライアングルTC」には、

  • 二又のフレーム構造で室内が広くなる
  • 撥水加工を施したポリコットン(TC)素材

といった特徴があります。

二又のフレーム構造で室内が広くなる

ワンポールテントは、テントの中心部にポールを設置するため、どうしてもポールが邪魔になってしまうことがあります。

icon icon

この「A型フレーム トライアングルTC」にはセンターポールではなく二又のフレーム構造を採用。

テント内をポールに邪魔されず広く使えるようになり、ワンポールテントのデメリットを解消した構造となっています。

そのため、直径3mのフロアを広く有効活用できる仕組みとなっています。

2段階に開放可能な前後のドアパネル

icon

ドアパネルは前後に設置されているため、どちらからでも出入りは可能です。

icon iconドアパネルの開放は2段階調節が可能となっています。

icon iconより通気性を確保したい場合や、荷物の出し入れをしやすくするため、大きく開けるというのはメリットかと思います。

しかし、この写真を見る限り、ドアパネルを跳ね上げてキャノピーのように使えるようにはなっていないようです。

撥水加工を施したポリコットン(TC)素材

icon icon

フライシートには撥水加工を施した、やわらかなTC(ポリエステルとコットンの混紡)素材を採用しています。

ポリエステル素材の点とよりも重くなるデメリットはありますが、撥水加工が施してあるので水を弾き、乾かしやすいような仕様となっているようです。

A型フレーム トライアングルTCの価格

¥29,800 (税込)(予定)

2019年7月26時点での情報です。

A型フレーム トライアングルTCの発売日

2019年9月上旬(予定)

2019年7月26時点での情報です。
Hilander(ハイランダー) A型フレーム トライアングルTC
created by Rinker

まとめ

「TC素材の採用・二又のフレーム構造・前後のドアパネル解放可能」といった仕様ながらも、この価格ならば魅力的に見えてきます。

重さや詳細サイズの発表が気になるところです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Hilander(ハイランダー) A型フレーム トライアングルTC
created by Rinker
7/31までSALE中!!

 

【2019年夏】ハイランダーから"コットン/TC素材・トンネル型ミニサイズ"のテントが登場します!
こんにちは!!のざる【Follow @camp_bata】です。 本ブログにお越しいただきありがとうございます。 コスパ良いキャ...

 

【Hilander(ハイランダー)2019年新製品】エアーフレーム採用『ROOMY』は設営簡単なトンネル型2ルームテント〜たった15分で設営可能?
Hilander(ハイランダー)より新作テントが2019年1月に登場します。 その名も【ROOMY(ルーミィ)】。 空気で立ちあげる「エアーフレーム」が採用され、大型テントながらも設営が簡単。 しかもその形状は、今人気の【トンネル型2ルームテント】。 これは気になりますね。

 

【Hilander(ハイランダー)2019年新製品】『ワンポールテント』&『ヘキサゴンタープ』が登場~ウッドシリーズと相性抜群なキャンプコーデが楽しめる
Hilander(ハイランダー)2019年新製品として話題のエアーフレームを採用した新作テント「ROOMY(ルーミィ)」。 その「ROOMY(ルーミィ)」は2ルームのトンネル型テント。 対して、シンプルなワンポールタイプ『ワンポールテント300』・『ワンポールテントBIG420』 更には大型タープの『ヘキサゴンタープ』が同日発売で登場します。

 

【ハードクーラーボックス】Hilander(ハイランダー)より保冷力×強度抜群の新作クーラーボックスが登場
Hilander(ハイランダー)より新作のクーラーボックスが登場します。その名も「Hilander(ハイランダー) ハードクーラーボックス」保冷力と強度抜群のハードクーラーBOXは、タンカラーとホワイトカラーの2色展開。気になる詳細を調べてみました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました