初めてお越し頂いた方に読んで頂きたい記事はコチラ

2019年テンマクデザイン新製品【CIRCUS 650(サーカス650)】詳細スペックが発表

テント類
WeeklyPopularPost

こんにちは!!のざる【】です。

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

アウトドアデイジャパン東京2019にてお披露目されていたテンマクデザインの「CIRCUS 650(サーカス650)」の仕様や発売日が遂にアナウンスされました。

「もちろんTC素材を使った仕様です」なんてアナウンスされていたんですが、その素材は「VC(バリューコットン)」という新素材。

一体どんなものなのか、気になりましたのでまとめてみました。

スポンサーリンク

テンマクデザイン『CIRCUS650(サーカス650)』

出典:公式サイト

テンマクデザインのカタログ『OUTDOOR CATALOG 2018』にて発表されていた2018年秋冬の大新人として掲載。2018年の秋冬モデルとのことだったんですが、部材入荷の遅延の為に発売延期となっていました。

アウトドアデイジャパン2019東京で実物を拝見。想像以上に巨大なテントは圧巻そのもの。その『CIRCUS650(サーカス650)』のスペックや発売日の詳細がアナウンスされました。

仕様

出典:公式サイト

素材
フライシートコットン混紡生地(VC)
コットン60%
ポリエステル40%
フライシート
スクリーンメッシュ
ポリエステル75D
メインポールAジュラルミン・アルミ・スチール製13本継ぎ
(φ16/23mm×6,550mm)×2本
メインポールBジュラルミン・アルミ・スチール製13本継ぎ
(φ16/23mm×6,150mm)×2本
インナーテント
(ウォール)
コットン混紡生地(VC)
コットン60%
ポリエステル40%
インナーテント
(フロア)
ポリエステルRS150D
(PUコーティング/撥水加工)
インナーライナーコットン混紡生地(TC)
ポリエステル65% コットン35%
収納サイズ
フライシート(約)88×38×38(高)㎝
インナーテント
インナーライナー
(約)65×35×35(高)㎝
組立てサイズフライシート(約)26,05kg
インナーテント(約)650×325×213㎝
インナーライナーA(約)211/191×191㎝
インナーライナーB(約)211×183㎝
重さ総重量(約)37.22kg
付属品
スチール製ペグ×34本(予備4本)
張り綱(3.5m×4本、2.5m×8本)
収納ケース(フライシート)
収納ケース(インナーテント・インナーライナー)
収納ケース(ポール)
収納ケース(ペグ・張り綱)

『CIRCUS650(サーカス650)』の特徴

大型メッシュで開放感が抜群

出典:公式サイト

サーカス650はドアパネルがメッシュになっている部分が大きく数が多いようです。また、メッシュ面が大きいので「強化メッシュ」を採用。多くのテントは黒色のメッシュを使っていると思いますが、この強化メッシュはグレーに近いんです。

グレーだと黒メッシュに比べ中が見えにくくなるそうで、日中天気の良い日でもプライバシーが守りやすくなるそうですよ。

 

出典:公式サイト

前後や中央部分はキャノピーで跳ね上げる事も可能なのでさらに通気性アップ。夏場のキャンプ場でも快適に過ごせそうです。前面のドアパネルも半分だけ開放するといったアレンジも可能のようです。

キャノピー張り上げ用のポールは別売りです。

出典:公式サイト

出典:公式サイト

インナーテントも前後に加えサイドもメッシュで開放可能。インナーテントの四方がメッシュになるのはかなりいいと思います。近年の夏場のキャンプは熱帯夜が多いですから、これは重宝する機能でしょうね。

 

新素材VC(バリューコットン)を採用

出典:公式サイト

以前のアナウンスではTC(コットン35% ポリエステル65%)を採用するとありましたが、実際はコットン60% ポリエステル40%を採用した新素材VC(バリューコットン)を採用。コットンの比率が格段に増えた為、TC素材に比べかなり重くなります。

反面、遮光性がUPし風合いがよくなり、コットンが増えたことで結露も更に出にくい素材となっているそうです。

 

インナーテント・インナーライナーは追加できる

サーカス650は、インナーテントとインナーライナーが付属していますが、別売りで追加購入することも可能。

「インナーライナー」の素材はコットン混紡生地(TC)。天井部分に取り付けることによって水滴が落ちてくるのを防ぐ事ができます。

「インナーテント」を追加すれば、付属のインナーテントの反対側の入口側を吊り下げる事が可能。これにより1つのテントで大人数でのグループキャンプもできるようになりますね。

インナーライナー仕様
素材コットン混紡生地(TC)
ポリエステル65% コットン35%
耐水圧2,000mm(フロア)
使用時サイズ(約)211/191×191㎝
重さ(約)0.89kg
価格¥5,800+ 税
テント両端用であり、中央部分には合いません。
インナーテント仕様
素材ウォール:コットン混紡生地(VC)
コットン60% ポリエステル40%
フロア:ポリエステルRS150D
(PUコーティング/撥水加工)
耐水圧2,000mm(フロア)
使用時サイズ(約)300/280×250×185/180㎝
重さ(約)4,05kg
付属品収納ケース
価格¥19,800+ 税

『CIRCUS650(サーカス650)』の販売方法・発売日

発売日や販売方法は購入先によって異なるようです。詳細は以下のリンクからご確認ください。

WILD-1リアル店舗

販売日 6月30日(日)OPEN〜

お一人様1点限り、販売方法は各店舗にお問い合わせください。

WILD-1店舗一覧(公式サイト)

 

WILD-1オンラインストア

調整中

オンラインストア

 

WILD-1楽天市場店

6月28日(金) 18:00受注開始、29日より出荷開始

WILD-1楽天市場店

 

2019年6月21日時点での情報です。

価格

148,000円+税

2019年6月21日時点での情報です。

まとめ

テンマクデザイン初のトンネル型2ルームテント。衝撃的なのは約15万円という価格。コスパ良く扱いやすいアイテムがテンマクデザインの特徴的だと思っていたんですが・・・価格設定がかなり冒険してるかなぁといった気もします。

しかしながらドアパネルの全開放や新素材VCを使用している点そ踏まえ、「ポリエステル素材なら当たり前の価格ですが、この大きさでCVを使いこの価格は他に類を見ません。ポリエステルの様にシワ無く張れませんが、使用した人しか分からない快適性能を実感するテントです。」と公式サイトで謳っているようにテンマクデザインの自信作であることがうかがえます。

とはいえ、この大きさと価格設定・・持ち運びが大変になりそうですし価格面でも手はでません。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

関連アイテム

Hilander(ハイランダー)エアートンネル ROOMY

created by Rinker

 

【高級カマボコテント!?】DODから『カマボコテントクエ』の発売~2019年夏新製品だけど限定品??
こんにちは!!のざる【Follow @camp_bata】です。 本ブログにお越しいただきありがとうございます。 DODより、2...

 

【はんぺんが空を飛ぶ!?】ふわふわコットの「ハンペンインザスカイ」登場~DOD2019年新製品も気になります
こんにちは!!のざる【Follow @camp_bata】です。 本ブログにお越しいただきありがとうございます。 先日、DODよ...

 

話題のアウトドア雑誌【fam2019夏】発売!L.L.Beanコラボ「バンジーシェルフ・バッグ」をレポ!
こんにちは!!のざる【Follow @camp_bata】です。 本ブログにお越しいただきありがとうございます。 先日発売が発表...

オススメ情報

【令和初の特大セール】2019年7月夏『ナチュラム祭り』開催!!2019年7月3日(水)18:00 スタート!

icon icon

Amazon【ちょっとお得】に買い物ができる方法

 

・キャンプに役立つ無印良品アイテム【ちょっとお得】に手に入るかも。クーポンもチェック  してみませんか??

 

・アウトドア向けのブランドブックを探すなら【7net】が便利。セブンイレブンで受け取れば送料無料!!


ランキング参加中です
よかったらポチっと押して頂けると喜びます
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


テント類
スポンサーリンク
「いいね」を押して【のざるん’ち】の更新情報を受け取りませんか??
1度お試しくださいませ
\ちょっと気になったらシェアしません?/
のざるをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました